NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

【誰でもできる】NFTアートの作り方!アプリで売れるクリプトアートを作成する

NFTのはじめ方

公開日 : 2021年10月29日 | [更新日]

「NFTアートの作り方を知りたい」「スマホでお手軽にNFTアートを作りたい」と思う方もいるでしょう。

一見、NFTアートは難しく感じますが、スマホアプリで簡単に作成可能です。本記事では、初心者でもできるNFTアートの作り方や出品におすすめのNFTマーケットプレイスを紹介します。

本記事を読めば、NFTアートの作成・出品ができるようになります。代表的なNFTアート作品も紹介するので、作成時の参考にしてください。

作り方や出品方法を知り、NFTアートについて理解を深めましょう。

この記事の概要
  • NFTアートを作る手順はたったの5ステップ
  • スマホアプリを使えばNFTアートは簡単に作成できる
  • NFTアートを販売するオススメのマーケットを3種類紹介
  • NFTアートが売れない時の対処法がある
  • 作品次第では高額で売れることもある

NFTアート(クリプトアート)の作り方を5ステップで解説

NFTアートの作り方は下記の5ステップです。

  1. 取引所で口座開設
  2. ウォレットを作成
  3. NFTアートの作成・登録
  4. ウォレットへ送金
  5. NFTアートの出品
初心者でもわかるように、画像付きで詳しく解説します。

①取引所で口座開設

暗号資産の取引所で口座を開設しましょう。(2019年の法改正で仮想通貨は暗号資産という呼び名に変更)

口座はCoincheck(コインチェック)で開設するのがおすすめです。Coincheckでは「取引所」および「販売所」にて暗号資産を買うことができます。

また、Webで本人確認ができるため、簡単に口座を作れるのもCoincheckのメリットです。口座を開設できたら、ETH(イーサリアム)を購入しておきましょう。

②ウォレットを作成

次に、暗号資産を入れる財布を作成しましょう。具体的には、MetaMask(メタマスク)というウォレット(財布)を作ります。

MetaMaskとは、暗号資産のETHを入れる財布の役割をするアプリのことです。MetaMaskの作成方法は以下の通りです。

  1. MetaMaskのトップページへ(公式サイト:https://metamask.io/
  2. トップページで「Download now」をクリック
  3. MetaMaskをChromeにインストール・拡張機能に追加(PCの場合)
  4. 「Create a Wallet」をクリックし、アカウント登録。
  5. 暗号化してバックアップができたのを確認して登録完了。
  6. アカウントのパスワードや個人情報は安全な場所に保管。
MetaMask(メタマスク)については「メタマスク(MetaMask)の登録方法から使い方まで徹底解説(2021年10月更新)」で、さらに詳しく紹介をしております。

③NFTアート作成・登録

NFTアートの販売を行うNFTマーケットプレイスに登録します。今回は、世界一流通量の多いNFTマーケットプレイス「OpenSea(オープンシー)​​」を例に、アカウントの作成方法をご紹介します。

③NFTアート作成・登録

公式サイトのトップページより「作成」をクリックし、ウォレットと接続します。今回はMetaMaskを利用します。

③NFTアート作成・登録

MetaMaskを起動すると、署名が要求されるため「署名」をクリック。これでOpenSeaを利用する準備ができました。

他の主要なNFT販売所の特徴について知りたい方は「【初心者】NFTマーケットプレイスのおすすめ5選|国内・海外を徹底比較」をご覧ください。

④ウォレットへ送金

NFTマーケットプレイスに登録したら、暗号通貨をウォレットに送金します。

送金方法は簡単で、MetaMaskのウォレットアドレス宛に取引所などから暗号通貨を送金するだけです。

具体的な送金の手順は「OpenSeaの買い方をどこよりも分かりやすく画像でイチから解説」をご覧ください。

⑤NFTアートの出品

ここからは、実際にNFTアートを作成します。OpenSeaでNFT化できるフォーマットは、画像・動画・音声・3Dモデルのいずれかです。

⑤NFTアートの出品

NFT化したいアイテムをアップロードします。

以下の項目を記入します。

  • NFTアートの名前
  • 外部リンク
  • ディスクリプション
  • コレクション(NFTアートの種類)
  • 供給量
  • 取引通貨

⑤NFTアートの出品

各項目を入力したら、画面下部にある「Create」をクリック。これでNFTアートは完成です。

NFTアートの作成・出品自体は無料で行えますが、初回のみガス代と呼ばれる手数料が発生します。

【アプリで簡単】NFTアート(クリプトアート)の作り方

NFTアートの作成を難しいと感じる方もいるかもしれません。しかし、スマホアプリさえあれば誰でも簡単にNFTアートを作れます。

初心者でもスマホひとつで簡単に本格的なNFTアートを作れるツールを紹介します。

  • CamScanner
  • カンタンドット絵メーカー

CamScanner

CamScanner

出典:CamScanner

CamScannerは、紙媒体を電子化するスキャナーアプリです。デジタルでアートを作ることが苦手でも、手書きの絵を作成する方は多いでしょう。

CamScannerで手書きの絵を電子化し、ペイントアプリで色づけや微調整を加えるだけで、スマホ一つで本格的なNFTアートを作成できます。

CamScanner

CamScannerのアプリを起動。

CamScanner

画面中央のカメラのアイコンをタップ。

CamScanner

NFT化したい絵の写真を撮ります。

CamScanner

必要に応じて加工。

CamScanner

NFTアートとして利用できる画像が完成。

カンタンドット絵メーカー

カンタンドット絵メーカー

出典:カンタンドット絵メーカー

カンタンドット絵メーカーは、スマホで簡単にドット絵の画像が作れるアプリです。CryptoPunksのように、世界的なドット絵のNFTアートとそっくりな画像を簡単に作れます。

カンタンドット絵メーカー

カンタンドット絵メーカーのアプリを起動し、つくるをタップ。

カンタンドット絵メーカー

ひとつひとつのドットの色などを調整しながらイラストを作成します。

カンタンドット絵メーカー

完成したデータはNFTアートとして使用できます。

NFTアートの販売でおすすめのNFTマーケットプレイス3選

NFTアートは作成後、販売可能です。販売すると、他のユーザーに購入してもらえる可能性があります。

しかし、NFTマーケットプレイスはいくつか種類があり、初心者が最適な販売場所を判断するのは困難です。NFTアートを販売するにあたり、初心者におすすめのNFTマーケットプレイスを3つご紹介します。

  • OpenSea
  • Coincheck NFT
  • Adam by GMO

OpenSea

OpenSea(オープンシー)
OpenSeaは、世界最大級のNFTマーケットプレイスです。EthereumとPolygonの2つのネットワークから選んで、販売できます。

規模が大きいため、日本のNFTアーティストも多数出品しています。OpenSeaで販売されているコレクションの具体例を紹介します。

OpenSeaに関する詳細は「OpenSea(オープンシー)とは?特徴と手数料/登録方法/出品方法を解説」をご覧ください。

作品名:CryptoPunks

OpenSea

CryptoPunksは世界的に有名なコレクションです。販売価格も非常に高額で、数千万円以上の価格がついている作品もあります。

ドット絵のシンプルなイラストですが、NFT投資家の中ではCryptoPunksを保有していれば間違いなく一目置かれる作品です。

CryptoPunksのようなドット絵を作りNFTで販売をしたい方は「誰でも簡単ピクセルアート(ドット絵)の作り方|NFTの販売方法も解説」で、作り方を解説しております。

作品名:onigiriman’s cute girl Collection

onigiriman's cute girl Collection

日本のトップNFTクリエイター「おにぎりまん」さんの作品です。

CryptoPunksのような海外発のコレクションでは、同じような図柄のNFTを大量生成しているコレクションが人気です。一方、日本ではイラストレーターが1点1点丁寧に描いた作品が人気で、その筆頭がおにぎりまんさんです。

Coincheck NFT

Coincheck NFT (コインチェック NFT)
Coincheck NFTは日本の国内取引所であるCoincheckが運営しているNFTマーケットプレイスです。Coincheckで購入した暗号資産を使い、そのままNFTを売買できます。

NFTトレーディングカードやNFTゲームに関連する作品が多く出品されています。

Coincheck NFTに関する詳細は「NFTの購入にオススメのウォレットをマーケットプレイスごとに紹介!」をご覧ください。

スマホアプリが使いやすく、操作性に優れている日本国内の仮想通貨取引所です。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの
公式サイトはこちら

作品名:NFTトレカ

NFTトレカ

NFTトレカは、名古屋を拠点に活動する人気アイドルグループ「SKE48」のNFTトレーディングカードです。

Coincheck NFTはたびたびSKE48とコラボを行い、NFTトレカを発行しています。メンバーの卒業記念コンサートにあわせて、特別版のNFTトレカを販売するなどの取り組みも行っています。

作品名:Sorare

Sorare

SorareはNFTゲームの1種です。

カードには現実世界のサッカー選手の写真が載っています。Sorareでは、プレイヤーは5枚のカードでチームを作ります。そのチームを様々なトーナメントに参加させて、世界中のプレイヤーと競い合います。

現実世界の選手の活躍によって自分のカードにもポイントが付与され、チームとしてのスコアで争います。

参考:43億ドルのNFTプラットフォーム”Sorare”が今後の展望を発表

Adam by GMO

Adam(アダム) by GMO
Adam by GMOはインターネットのドメイン関連事業やインターネット広告などを幅広く展開しているGMOインターネットグループが提供しているNFTマーケットプレイスです。

アートやマンガ、イラスト、スポーツといった一般的なNFTに加え、YouTuberのNFTも販売している特徴があります。Adam by GMOではNFTマーケットプレイスには珍しく、日本円での決済が可能です。

Coincheck NFTに関する詳細は「Adam byGMO(アダム)とは? 販売商品・登録方法を画像で解説」をご覧ください。

作品名:Youtuber(Adam byGMO)

Youtuber(Adam byGMO)

Youtubeチャンネル登録者数450万人を超える人気Youtuberヒカルさんが出品しています。Youtubeで配信した動画を元にしたコンテンツで、今後さらにコンテンツ販売が見込まれます。

作品名:格闘技(Adam byGMO)

格闘技(Adam byGMO)

国内格闘技において最も知名度の高い大会の1つ、K-1から試合の動画が販売されています。K-1の激闘の中から選りすぐられた名シーンを集めたオリジナルのコンテンツです。

さらにNFTマーケットプレイスが知りたい方は「【保存版】NFTマーケットプレイスとは?国内・海外のおすすめ14選を比較」をご覧ください。

NFTアートが売れないときの対処法

実際にNFTアートを作っても簡単に売れるとは限りません。よほど著名なアーティストでない限り、販売と同時に売れるようなことはほぼありません。

NFTが売れない場合は、以下3つの対処をしてみましょう。

  • トレンドを意識してNFTアートを作る
  • NFTアートに付加価値をつける
  • NFTアートのコンセプトを統一する

トレンドを意識してNFTアートを作る

NFTアートには売れる作品のトレンドがあります。トレンドをうまく掴んだ作品を作れば、売れる可能性は高まります。

日本では以下のようなNFTが人気です。

  • かわいい女の子のイラスト
  • ドット絵
加えて、NFTの用途も踏まえて、以下のような点を意識するとよいでしょう。
  • SNSアイコンにしやすい
  • 人物絵ならバストアップにする

過去には10歳の少女がトレンドを意識したNFTを作成し、約833万円で売却された例もあります。

参考:10歳の少女が出品したNFT画像が約833万円で購入される

誰にでも売れる可能性はあります。なかなかNFTアートが売れない方はトレンドを意識してみましょう。

NFTアートに付加価値をつける

NFTアートに付加価値をつけることも重要です。

NFTは唯一無二でコピー不可という特性があります。この特性を活かして、NFT保有者だけが参加することのできるコミュニティを作るなど、NFTを持つことの具体的なメリットを生み出すと売れる可能性が高まります。

子どもたちが付加価値をつけてNFT作品を出品し、注目を集めた例もあります。

参考:12歳の少年が制作するNFTコレクションに約4.5億円の価値がつく
参考:子どもたちが作ったデジタルアートを販売するNFTチャリティプロジェクトが話題を集める

NFTアートのコンセプトを統一する

NFTアートのコンセプトを揃えることも重要です。

かわいい女の子のNFTが流行っていても、ドット絵のNFTや写真のNFTなど、まったく統一感のない作品の中に紛れ込んでいたら売れません。

コンセプトに統一感を持たせると、購入者も選びやすくなります。実際にコンセプトを統一して出品している方はたくさんいます。

参考:NFTアーティスト#2|Fuku-Fuku Buncho
参考:NFTアーティスト#8|赤鬼 (akaoni.eth)

高値で売れたNFTアート(クリプトアート)作品の事例

ここでは、NFTアート(クリプトアート)作品を実際に出品されているものを参考にご紹介します。

NFTアートにも様々な種類がありますが、ここでは代表的なものとして下記の3種類を紹介します。

  • デジタルアート
  • 写真
  • デジタルトレカ

NFTアート(デジタルアート)

作品名:CryptoNinja NFT

NFTアート(デジタルアート)

インフルエンサーであるイケハヤさんのコレクションです。

CryptoNinjaは取引額が非常に高額なNFTアートです。最も高いものでは約500万円で取引された実績もあります。

また、NinjaDAOというコミュニティでCryptoNinjaに関連する様々な事業が広がっていることも特徴的です。

NFTアート(写真)

作品名:Itadakimasu Man

Itadakimasu Manはインドネシアで起こったミーム「Ghozali Everyday」の影響を受けて作られたコレクションです。

1点1点の価格はそれほど高くはありませんが、発売と同時に数百点のNFTを売り切り、総売上高は300万円以上になっています。

参考:NFTの写真を売るには?手順やおすすめのマーケットプレイスを紹介

NFTアート(デジタルトレカ)

作品名:SKE48×NFTトレカ

NFTトレカ

NFTトレカがアイドルグループ「SKE48」とコラボした例です。アイドルグループには根強いファンが多く、NFTトレカも人気を集めています。

2022年3月のレートでは1点10万円以上で販売されているものも多く、未だ人気であることが伺えます。

まとめ:NFTアートの作り方はアプリを使えば簡単

NFTアートは、これまで作ったことがない人もスマホアプリひとつで簡単に作成できます。

実際にNFTアートを作成する際には、以下のポイントに注意してください。

  • まずは取引所で口座を開設する
  • 初心者の方はOpenSeaでアカウントを登録するのがおすすめ
  • アカウントのパスワードや個人情報は絶対に紛失しないように保管する

本記事を参考にすれば、初心者でも簡単にNFTアートを作れます。ぜひこの機会に作成してみましょう。

NFT-Nowでは初心者にもわかりやすくNFTについて解説しています。他の記事も見て、NFTの知識を深めてみましょう。

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。