NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

子どもたちが作ったデジタルアートを販売するNFTチャリティプロジェクトが話題を集める

NFTニュース

公開日 : 2021年11月15日 | [更新日]

埼玉の古民家カフェ「藍」で、子どもたちがデジタルアートを作り、販売して支援を集める活動が行われました。

主催は日本財団で、ブロックチェーンの開発や活用を提案するTART株式会社と共同で進められた、NFTチャリティプロジェクトとしての開催です。

子どもたちが容器の中に絵の具を垂らして作ったマーブリング作品を、デジタルキャラクターの模様に使用し、NFTマーケットプレイスに出品します。

子どもたちが作った作品を購入することで、購入者は子どもたちに対する支援を表明できます。

相次ぐNFTアートの価格の高騰によって、NFTは単なる投機だという批判が多い中、社会貢献のツールとしてもNFTは活用できるのだということを示した事例です。

今回のプロジェクトで得られた収益は、主催の日本財団に全額寄付となります。

ブロックチェーン技術を使うことで作り手側はいつ、誰が自分の作品を所有してくれているのか目に見えるようになります。

クリエイターにとっては大きなモチベーションになりますね。

もし海外のセレブたちによって所有された場合、価値が高まって作品が値上がりするということも起きてくるでしょう。

とはいえ問題点がないわけではありません。

NFT出品における問題点

NFTの出品がもっと一般の人に根付いてくるには次の3つの問題点をクリアしなければなりません。

  • 手数料の高さ
  • 法整備が整っていない
  • 言語の壁

現状NFT出品においては手数料の高さが問題となっています。

NFTの出品においては、イーサリアムを使ったブロックチェーンのプラットフォームが主流です。

イーサリアムベースのマーケットプレイスで取引すると、ガス代という取引手数料がかかるのですが、現状このガス代の価格が高騰しています。

ひとつの作品の取引をするのに、手数料が1万円くらいかかってしまうことも。

いずれイーサリアムのガス代も値段は落ち着いてくるでしょうが、一般の人にはハードルが高くなってしまいますよね。

ガス代については「OpenSeaの販売にかかるガス代とは?節約する3つの方法も紹介」を読むともっと詳しく理解できます。

OpenSeaの販売にかかるガス代とは?節約する3つの方法も紹介

NFTは最近できた新たな技術体系であり、仮想通貨と同様に進化のスピードが速く法整備が追いついていないと言う現状があります。

そのため、ルールの変更が頻繁に起こる可能性があるでしょう。

また、NFT関連の情報は英語が圧倒的なシェアを占めていて言語の壁もあります。

最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaも英語のみの対応です。

いずれ日本語にもローカライズされていくでしょうが、最新の情報は常に英語で手に入れるいうことは変わらないでしょう。

以上3つの問題点をクリアできれば、いよいよNFTは人々に身近な技術として生活に浸透してくるはずです。

参考:Yahooニュース “NFT活用し子ども支援プロジェクト デジタルアートの可能性

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。