NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

メタマスク(MetaMask)の登録方法から使い方まで徹底解説(2021年10月更新)

MetaMask

公開日 : 2021年07月30日 | [更新日]

「NFTマーケットの参加を考えているが、メタマスク(MetaMask)の登録方法がわからない」と悩んでいませんか。

本記事では、Webブラウザ・スマホアプリ両方でのメタマスク登録方法を解説します。また登録後に覚えておくべき基本操作や、いざという時の復元方法についても紹介しますので、登録後すぐに取引を始められます。

メタマスクへの登録を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

メタマスク(MetaMask)とは

メタマスクとは、Webブラウザの拡張機能やスマホアプリとして利用できる、暗号資産取引専用のウォレットです。イーサリアム(ETH)や、イーサリアムによって定義されるERC20トークンを保管できます。

また、ブロックチェーン技術を用いたDApps(分散型アプリケーション)はイーサリアムの使用を前提としていることが多いため、DAppsを利用する際にも、メタマスクが必要です。

 

【PC版】メタマスク(MetaMask)の登録方法

メタマスクをWebブラウザの拡張機能として利用する方法を4ステップで解説します。メタマスクの登録方法がわからずにいる方は、記事を読みながらの登録がおすすめです。

メタマスクは下記4つのWebブラウザに対応しています。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Brave
  • Microsoft Edge

今回はGoogle Chromeを例に登録方法を解説します。

 

1:Chromeの拡張機能としてインストール

Chromeウェブストア内、メタマスクのページにアクセスし、右上の「Chromeに追加」をクリック。

 

「メタマスクを追加しますか?」というポップアップが表示されますので、「拡張機能を追加」をクリックします。

 

メタマスクのインストールが完了すると以下の画面が表示されます。

 

2:パスワードの設定

メタマスクを利用できる状態にするため、パスワードの設定を行います。

初めに、右側の「ウォレットの作成」をクリックします。

場合によって、品質向上のためにデータ取得に関する同意要請が表示されます。

サービスの利用に影響しないため、どちらの選択肢でも問題ありません。

特にこだわりがなければ、「同意します」をクリック。

 

パスワードの設定画面が表示されます。

パスワードには最低8文字以上が必要です。パスワードは次回以降のログインに必要なので、忘れないようにしましょう。

3:バックアップフレーズ(リカバリーフレーズ)の保存

パスワードの設定が完了すると、12個の単語からなるバックアップフレーズが割り振られます。

パスフレーズはパスワードがわからなくなった時や、メタマスクの復元に必要になるパスワードになります。

万が一に備えてメモは必須になりますので、ご注意ください。

またパスフレーズを知られると、他人が自分のメタマスクにアクセスできるため、絶対に他人に知られないように注意してください。

 

初めに、ウォレットの保管、セキュリティに関する重要性が学習できる動画が表示されます。

必要に応じて閲覧し、「次へ」をクリック

「秘密の言葉を表示するには、ここをクリックします」をクリックすると、

無作為に抽出された12個の単語が表示されます。

次のページで入力が必要になるため、メモしてください。

 

1つ前のページで表示されたバックアップフレーズが、単語ごとに下部に表示されます。

正しい順で、12個の単語をクリックしていってください。

 

バックアップフレーズの選択が問題なければ、設定は完了です。

今後ログイン時にパスワードがわからなくなった場合、バックアップフレーズを利用することがあるため、引き続き厳重に保管してください。

「すべて完了」をクリックすると、メタマスクが起動します。

 

メタマスクの初期画面が開きます。

”銀行口座が開設直後”のイメージで、実際にメタマスクを利用していくためには、こちらに仮想通貨を入れる必要があります。

詳細な入金方法は、メタマスクの入金・送金方法をご覧ください。

 

 

 

4:秘密鍵を保存

最後に秘密鍵(プライベートキー)の保存をします。秘密鍵は仮想通貨の移動に必要になります。

パスワード・パスフレーズ・秘密鍵の役割はそれぞれ下記の通りです。

  • パスワード:メタマスクへのログイン
  • パスフレーズ:アカウントの復元
  • 秘密鍵:ウォレット内の仮想通貨の移動

秘密鍵を保存するには、メタマスクメイン画面右上の「縦書き三点リーダーのアイコン」をクリックし、「アカウント詳細」→「秘密鍵のエクスポート」へ進みます。

パスワードの入力を求められるので、設定したパスワードを入力してください。確認を押すと秘密鍵が表示されます。

パスフレーズ同様、不正アクセスの危険があるため、秘密鍵は他人に知られないようにしてください。

 

 

【スマホアプリ版】メタマスク(MetaMask)の登録方法

スマホでメタマスクを利用する場合は、アプリのダウンロードが必要です。基本的な登録手順は、Webブラウザ版と変わりません。

アプリ版ではインポート、PCとの同期、新規ウォレットの登録のいずれかを行うことでウォレットが利用できます。今回は新規ウォレットの登録方法を解説します。

スマホアプリ版メタマスクの登録手順は、以下5ステップです。

  1. アプリをダウンロード(iOSAndroid
  2. 「Get Started」をタップし、「Create a new wallet」を選択
  3. パスワードを設定(iPhoneの場合はFace IDも可能)
  4. シードフレーズ(パスフレーズ)を保存
  5. 利用規約を確認し、「I Agree」をタップ

メタマスク(MetaMask)登録後におさえたい基本の使い方

メタマスク登録後に覚えておくべき、入金・出金・ブラウザ機能について解説します。この3つを覚えておけば、メタマスクを使いこなせるでしょう。

入金

メタマスクへの入金手順は下記のとおりです。
詳細は、メタマスクの入金・送金方法をご覧ください。

  1. メタマスクにログイン
  2. メインページ上部のアカウント名にマウスを移動
  3. 「クリップボードにコピー」をクリック
  4. 送金元の取引所からコピーしたアドレスに送金
  5. メタマスクのメインページ下部にある数量を確認

出金

メタマスクから他のウォレットなどへの送金は、下記手順で行えます。
詳細は、メタマスクの入金・送金方法をご覧ください。

  1. メタマスクにログイン
  2. メインページから送金したい通貨を選択
  3. 「送信」を選択
  4. 「送信先アドレス」などの必要事項を入力し「次へ」をクリック
  5. 表示される出金額、ガス代に間違いがなければ「確認」をクリック

ブラウザ機能

メタマスクを利用することで、ブロックチェーン技術を利用したゲームをWebブラウザ上で楽しめます。

メタマスクのブラウザ機能については、下記記事で詳しく解説しているので、ぜひ参照してください。

【初心者向け】MetaMask(メタマスク)の使い方/入金・送金手順を解説

メタマスク(MetaMask)の復元方法

PCの故障、拡張機能の削除などによって、メタマスクを紛失した場合の復元方法を解説します。誤って削除してしまっても、正しい手順を踏めば元通りに復元可能です。

メタマスクの復元は、シークレットリカバリーフレーズを用いて下記手順で行います。

  1. メタマスクを再度インストール
  2. 「Import using account seed phrase」をクリック
  3. シークレットリカバリーフレーズ、新規パスワード、新規パスワード(確認用)を入力
  4. 「Restore」をクリック

以上でメタマスクの復元は完了です。より詳しい復元手順は、下記記事で解説しています。

MetaMask(メタマスク)の復元方法!4ステップで解説

まとめ:メタマスク(MetaMask)の登録をしてみよう

メタマスクにはWebブラウザの拡張機能・スマホアプリがあり、以下4ステップで登録できます。

【Webブラウザ】

  1. ブラウザの拡張機能としてインストール
  2. パスワードの設定
  3. パスフレーズの保存
  4. 秘密鍵を保存

ブラウザへのメタマスクのインストールはこちらから行えます。

スマホアプリの場合でも手順はほとんど同じです。下記からアプリをダウンロードできます。
iOS
Android

メタマスクの登録は非常に簡単で、基本的な使い方もわかりやすいです。本記事を参考にメタマスクへの登録を進めてみてください。

NFTの最新情報は「NFT Now」をご覧ください。

WRITER

NFT Now編集部です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしていきます!

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。