NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

12歳の少年が制作するNFTコレクションに約4.5億円の価値がつく

NFTニュース

公開日 : 2022年03月08日 | [更新日]

当サイトでもご紹介した人気のNFTコレクションの作成を手がける12歳の少年。彼に関する新たなニュースが届きました。

英国の12歳の少年がNFTの販売で約40万ドルを稼ぐ!

NFTアートを作成する12歳のBenyamin Ahmedは、数ヶ月で75万ポンド(約98万8740円)に及ぶ暗号資産を手に入れました。

AhmedのNFTプロジェクト「Weired Whale(奇妙なくじら)」は、NFT市場とイーサリアム(ETH)の急騰のおかげで、現在390万ドル(記事執筆時点:約4.5億円)の価値があります。

ノースロンドン出身のBenyamin Ahmed氏は、プログラミングを学ぶ中で、ピクセル化したクジラの写真をNFTとして昨年から販売し始めました。

Benyamin Ahmedが作成した3,350個のクジラのNFTコレクションは、当初1個60ドルで販売されました。

しかし、需要が急増したことで価格も上がり、セットの中には2万ドルという高額で販売されたものもあるそうです。

また、彼は作品の二次販売による報酬も得ています。

つまり、購入者が作品の転売をすると、価格の一部がBenyamin Ahmedに支払われます。

Benyamin Ahmedのデジタル作品は、1つ1つがユニークで、1人しか所有することができません。

Benyamin Ahmedは、NFTアートの販売で得た利益を他の人々のために使う大きな計画を立てています。

彼は次のように述べています。

「多くの人々はNFTについて理解できないと思います。しかし、僕はより多くの人々にNFTを紹介したいと考えています」

参考:Cryptonewmedia”12-year-old British boy creates $3.9 million whale NFTs

 

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。