NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

OpenSeaの記事一覧

OpenSeaとは、デジタルアート作品やゲームのアイテムのなどの非代替トークン「NFT(Non Fungible Token)」を販売できるNFTマーケットプレイス最大規模のプラットフォームです。
OpenSeaのログイン方法から、始め方(購入、販売)、売れた後の流れを初心者にわかりやすく解説しています。
OpenSeaで売れるものや売れないものとはじめての方がつまづくポイントもお伝えしています。NFTの出品につまづいた際にはNFT Nowまでご相談くださいませ。

記事一覧

「OpenSeaでNFTアートを出品してみた」「出品した作品がなかなか売れない」のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

本記事では、OpenSeaでNFTアートを出品するための費用や販売方法方を解説します。

NFTアートの出品は慣れてしまえば簡単です。また作品が売れない場合に試してみるべき対策をあわせてご紹介します。

記事の内容を実践することで出品したNFTアートが売れ、さらに二次報酬まで狙うことが可能です。NFTアートの販売を考えている方は最後まで読み、ぜひ参考にしてください。

OpenSeaでNFTアートを販売するのにかかる費用 ...

NFT作品を販売できるOpenSea(オープンシー)は、近年著名なアーティストが利用し始めているため世界的に注目を集めているプラットフォームです。

日本国内にも今後利用したいと考えているアーティストがいます。

しかし、OpenSeaでNFT作品を出品し、販売するためには初期費用を支払わなければなりません。

本記事ではOpenSeaで自身の作品を販売したいと考えている人のために、初期費用と事前に必要な準備について解説します。

OpenSea (オープンシー)の初期費用

基本的にOpenSea(オープンシー)では作品を出...

「OpenSeaを使っているけどガス代(GASFee)がよくわからない」「ガス代が高くて取引が億劫」という悩みをお持ちではありませんか?

本記事ではガス代の基礎からOpenSeaでガス代が発生するケースを解説しています。また高すぎるガス代を節約する3つの方法もあわせて紹介します。

本記事を読むことで毎回のガス代が節約でき、よりお得なNFTの取引が可能です。ガス代について疑問がある方、ガス代を節約したい方はぜひ最後までお読みください。

OpenSeaでNFT販売時に発生するガス代とは?

ガス代(GASFee)とはETHトークン(イー...

OpenSeaで商品を出品したいが、OpenSeaにおけるオークションの特徴やどうやって出品するのか興味を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事ではOpenSeaでオークション形式の出品方法と特徴を中心に解説しながら、オークション以外の出品方法についても紹介します!

OpenSeaで商品の出品の仕方が分からない方や、出品方法を網羅的に知りたい方に向けた出品方法と特徴を解説します。

OpenSeaのオークション形式と特徴

OpenSeaのオークション形式は下記2種類です。

イングリッシュ形式 ダッチ形式

近年、パレットトークンが日本国内で成功したこともあり、NFT市場全体が注目を集めています。

そんな中、世界最大手のNFTマーケットプレイスであるOpenSea(オープンシー)に参入するユーザーが増加している傾向にあります。

そこで、今回は実際にOpenSeaでの取引は儲かるのか、また販売・購入はどうすればできるのかについて解説をします。

OpenSeaの始め方も一緒に解説しておりますため、実際にアカウント開設を行ってみましょう。

OpenSeaとは

OpenSea(オープンシー)とは、ブロックチェーン上で取引されるN...

NFTアイテムの取引ができるOpenSea(オープンシー)では、高額な販売手数料が無料になる「プライベートセール」と呼ばれる販売方法を選択できます。

魅力的なプライベートセールですが、取引相手の指定方法など実際に利用する前にシステムについて知らなければならないことも多いです。

この記事では、OpenSeaプライベートセールの特徴と実際のやり方、利用時の注意点などを紹介します。

OpenSea(オープンシー)のプライベートセールとは?

出典:OpenSea

OpenSeaでNFT商品を取引する場合、通常は販売価格に対し...

OpenSea(オープンシー)とは?

OpenSeaとは、誰でも簡単、すぐにNFTを購入・出品・販売することができ、取引量が世界No.1のNFTマーケットプレイスです。

参考:Dune Analytics

イーサリアム上で発行されるNFTのマーケットプレイスの先駆けとして、2017年12月にスタートしたプロジェクトであります。

2021年7月20日にAndreessen Horowitzが主導するシリーズBラウンドで1億ドル(日本円で約110億円)を調達したことを発表しています。

資金調達により、OpenSeaの企業価値は15億ドル...

本記事では、代替不可能なトークンとして注目を集めている「NFT」のプラットフォームの1つ、「OpenSea」の特徴やポイントを解説しています。

本記事を読むことで、「OpenSea」に関しての特徴がわかり、NFTを活用した売買への理解が深まります。

OpenSeaとは

OpenSeaは、デジタルアート作品やゲームのアイテムのなどの非代替トークン「NFT(Non Fungible Token)」を販売できるプラットフォームの1つです。

ネットワーク手数料の支払いに必要なETH(イーサリアム)を持っている人であれば、誰でも自由に登録を...

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。