NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

週間 NFTニュース #1

NFTニュース

公開日 : 2021年10月10日 | [更新日]

NFT Now」では1週間に起こったNFTの動向をすぐに把握できるようにしました。忙しいあなたが短時間でNFT業界の動向を掴むために役立つニュースが盛りたくさんです。

本メディアは特定のNFTの購入をすすめておりません。また、紹介されたプロジェクトの安全性を保証するものではありません。投資する際はご自身で調査を行っていただき無理のない範囲での投資をおすすめします​​。

1:「ドルチェ&ガッバーナ」が初のNFTコレクションを570万ドルで販売!

引用ニュース:「ドルチェ&ガッバーナ」が初のNFTコレクションを570万ドルで販売!

イタリアの高級ファッションブランドの「ドルチェ&ガッバーナ」が、9月30日に初となるNFTコレクション「Collezione Genesi」を出品し、570万ドル(約6億3000万円)もの売上を上げました。

2:ドージコイン(DOGE)の共同創設者がOpenSeaでNFTを購入できるDOGE-ETHブリッジの開発を発表

引用ニュース:ドージコイン(DOGE)の共同創設者がOpenSeaでNFTを購入できるDOGE-ETHブリッジの開発を発表

ドージコイン(DOGE)の共同創設者であるBilly Markus(ビリー・マーカス)が、ドージコインを使ってOpenSeaなどのプラットフォームでNFTを購入できる計画を進めていると発表しました。

3:東南アジア発のNFTプロジェクトと大手Esports団体のコラボが決定

引用ニュース:東南アジア発のNFTプロジェクトと大手Esports団体のコラボが決定

東南アジアのesports団体「EVOS Esports」は、NFTプロジェクト「Sora’s Dreamworld」とのコラボレーションを発表しました。

4:43億ドルのNFTプラットフォーム”Sorare”が今後の展望を発表

引用ニュース:43億ドルのNFTプラットフォーム”Sorare”が今後の展望を発表

“Sorare“はフットボールを題材としたブロックチェーンゲームを展開する、NFTプラットフォームで、現在の評価額は43億ドル。

5:全てNFTで作られた美術館が市場に出品される

引用ニュース:全てNFTで作られた美術館が市場に出品される

NFT市場における最新のイノベーションは、アートの世界でも起きています。NFTで作成されたデジタルミュージアムが誕生しました。

XRスタジオのデルタ・リアリティ社が制作したThe Museum of Digital Life (以下MoDaL)は、自己完結型のメタバースです。

6:先週のNFT関連ニュース

先週のNFT関連ニュースもピックアップ

7:カナダ日産がGT-R35のNFTアートとその実車をオークションで販売!

引用ニュース:カナダ日産がGT-R35のNFTアートとその実車をオークションで販売!

今回、アップグレードを繰り返す不滅のスーパーカー「GT-R35」が不滅のNFTとなって、オークションに登場します。

カナダ日産は、地元のアーティストである”Alex McLeod”氏と協力して、GT-RのNFTデジタルアートを作成。

8:ELLE Digital(エルデジタル)が25周年限定NFTを発行 バーチャルストア訪問者にNFTを付与へ

引用ニュース:ELLE Digital(エルデジタル)が25周年限定NFTを発行 バーチャルストア訪問者にNFTを付与へ

株式会社Bennu Global Entertainment(ベヌウ グローバル エンターテイメント)は、ELLE Degital(エル デジタル)で初のNFTを発行することを発表しました。

ELLE(エル)はフランス発祥のファッション雑誌で、世界45ヵ国でローカライズされています。

日本でもELLE Japon(エル・ジャポン)という名前で雑誌が刊行されており、若い女性から絶大な支持を集めています。

9:10歳の少女が出品したNFT画像が約833万円で購入される

引用ニュース:10歳の少女が出品したNFT画像が約833万円で購入される

先日、10歳の少女クロエがネットでバズった自身のミーム画像をNFTオークションに出品したとお伝えました。

この度、クロエのミームが25イーサリアム、日本円にすると約833万円(記事執筆時点。以下同様)で売却されました。

10:「Cardano(ADA)」がNFTやDeFiなどの仮想通貨教育に1億ドルを投資

引用ニュース:「Cardano(ADA)」がNFTやDeFiなどの仮想通貨教育に1億ドルを投資

9月26日、世界でも有数の仮想通貨プロジェクトである「Cardano(ADA)」は、「Cardano・サミット2021」オンライン上で開催しました。

「Cardano(ADA)」は、ここ数年間で急激な成長を見せている、注目の仮想通貨で、現在ではビットコインやイーサリアムに次ぐ、時価総額第三位の仮想通貨となっており、サミットには110以上の国から8万人を超える人々が参加しました。

11:​​バーチャル空間で土地が買えるNFT×VRサービス”Decentraland”がメタバースへの動きを加速する!

引用ニュース:バーチャル空間で土地が買えるNFT×VRサービス”Decentraland”がメタバースへの動きを加速する!

今、NFTと同じくらい話題になっている「メタバース」という言葉をご存知でしょうか。

メタバースとは、簡単に言えば「オンライン上に構築されたVR空間」のことで、今後人々はVR上でもう一つの現実を生きるようになるだろうと予測されています。

12:Twitter社が認証済みのNFTをプロフィール画像として表示できる機能を公開

引用ニュース:Twitter社が認証済みのNFTをプロフィール画像として表示できる機能を公開

Twitter社は、ユーザーが認証済みのNFTをプロフィール画像として表示できる開発中のツールを公開しました。

Twitter社のシニア・ソフトウェア・エンジニアMada Aflak氏は、ユーザーが自身のアカウントにNFTを追加する機能を示すビデオを公開しました。

13:さいごに

いつもお読みいただきありがとうございました。Twitterでは、毎朝7時にNFTの最新のニュースをアップしております。

NFTニュースを見逃したくない方はぜひフォローされることをおすすめします。

フォローは「こちらのプロフィール画面」より

WRITER

NFT Now編集部です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしていきます!

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。