NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

コンテンツ配信サービス「Onlyfans」にイーサリアムベースのNFTプロファイル機能を追加

NFTニュース

公開日 : 2022年02月14日 | [更新日]

インターネットコンテンツ配信サービス「Onlyfans」は、Non-fungible token(NFT)技術を活用した機能を開始したことを発表しました。今回新たに追加された機能は、Onlyfansの会員が認証されたNFTをプロフィール写真として利用できるようになるというもので、木曜日に導入されました。

NFTの領域へ踏み出したOnlyfans

ロンドンを拠点とするコンテンツ配信サービスOnlyfansは、コンテンツクリエイターへのダイレクトな資金提供、1回限りのチップサービス、会社のペイパービュー(PPV)機能、そしてNSFWコンテンツで知られています。

今週、Onlyfansはユーザーが自身の所有するNFTを披露できるようにするため、ブロックチェーン技術を検証中であると明らかにしました。ロイターの報道によると、OnlyfansのCEOであるAmi Ganは、この動きはプラットフォームのユーザーベースを活性化することを意味していると説明しています。

ガン氏は「私たちの使命は、クリエイターが自分の可能性を最大限に発揮できるようにすることです」と、ロイターの著者エリザベス・カリフォードに説明しました。”この機能は、NFTが私たちのプラットフォームで果たすことのできる役割を探る最初のステップです。”

NFT業界への参加に関しては、有名企業や人気ブランドの大群がすでに飛び込んでいるため、Onlyfansは不利な状況となっています。その上、Twitterが先月開始したTwitterの認証済みNFTプロフィール機能は、OnlyfansのNFTプロフィールコンセプトと似ています。

2月6日、Bitcoin.com Newsは、Alphabet(Google)がブロックチェーンとWeb3技術の導入を検討する計画について報じました。さらに、Alphabetの子会社であるYoutubeは、ノンファンジブルトークン(NFT)を活用する計画があるとするブログ記事を公開しています。InstagramのCEOであるAdam Mosseri氏は、InstagramがNFTを調査していると述べ、Metaも同技術を検証していると報道されています。

OnlyfansのCEOであるAmi Gan氏によると、イーサリアムベースのNFTが対象で、認証済みであることを知らせるために、イーサリアムのロゴマークが利用されるとのことです。今後、NFT技術に対応した他のブロックチェーンに対応するかどうかは明らかにされませんでした。

ほか、NFTとは何かさらに知りたい方は「NFTとは?わかりやすく仕組みや特徴、作成・購入・販売方法を解説」でも詳しく紹介をしておりますため、ご覧ください。

参考:Content Subscription Service Onlyfans Adds Ethereum-Based NFT Profile Feature

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT案件を中心に執筆しているWebライターです。 新しいものが大好きで、NFTは現在3点所有しています。 NFTゲームBombCryptoで15体のHEROを運用中。 読者の皆様がわかりやすいと思えるような情報発信を心がけています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。