NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

【初心者向け】OpenSeaのオークションの出品方法と特徴を解説

NFTプラットフォーム

公開日 : 2021年10月03日 | [更新日]

OpenSeaで商品を出品したいけれど、OpenSeaにおけるオークションの特徴やどうやって出品するのか興味をもつ方もいるのではないでしょうか。

本記事では、OpenSeaでNFT作品を出品する方に向けて、OpenSeaのオークション出品方法と特徴を中心に、オークション以外の出品方法についても紹介します。

この記事の概要
  • OpenSeaのオークション出品方法
  • OpenSeaの固定価格出品方法
  • OpenSeaのオークション参加方法
OpenSeaで出品する場合は、アカウントの開設が必要です。まだOpenSeaのアカウントを開設していない方は、「【初心者向け】OpenSeaの始め方!」を参考にアカウント開設をしましょう。

【初心者向け】OpenSeaの始め方!設定から売買まで画像で解説

 

OpenSeaで売れるもの

OpenSeaでは、NFT化できるものなら何でも販売できます。つまり、デジタルデータ化できる作品なら、OpenSeaで販売できると考えて問題ありません。

以下が、OpenSeaで出品されている作品の主なジャンルです。

  • アート
  • ドメイン名
  • 音楽
  • 写真
  • スポーツカード
  • トレーディングカード
  • バーチャルワールドのアイテム
NFTで売れるものに関しては「NFTで売れるものは?高額で売れたNFT事例や販売ポイントも解説」で詳しく解説しているので、参考にしてください。

OpenSeaでのオークション出品方法

OpenSeaで、NFT作品をオークション形式で出品する手順を紹介します。手順は下記7ステップです。

  1. 「Create」をクリック
  2. 出品する作品をアップロード
  3. 作品詳細を記入
  4. 「Sell」を選択
  5. 「Timed Auction」を選択
  6. オークションの設定
  7. 「Complete listing」をクリック

1:「Create」をクリック

1:「Create」をクリック

OpenSeaのトップページから、「Create」をクリック。

2:出品する作品をアップロード

2:出品する作品をアップロード

NFTにして出品したいデジタル作品をアップロードします。

3:作品詳細を記入

3:作品詳細を記入

オークションに出品する作品をアップロードしたら、作品タイトルやディスクリプション、ブロックチェーンなどを選択し、「Create」をクリック。

これでNFT作品が完成しました。

4:「Sell」を選択

4:「Sell」を選択

NFT作品の詳細ページより「Sell」をクリックし、オークションの販売設定をします。

5:「Timed Auction」を選択

5:「Timed Auction」を選択

オークションで出品する場合は、出品画面にあるTypeより「Timed Auction」を選択します。

6:オークションの設定

6:オークションの設定

まずは「Method」よりオークション形式を選択します。

OpenSeaで選べるオークション形式は以下2つです。

  • Sell to highest bider:期間内で最も高い額で落札した人に作品を売却
  • Sell with declining price:落札者が現れるまで価格が下がり続ける
オークション形式を選択したら、最小入札額もしくは最低落札価格、オークション期間、Fee(手数料)を設定します。

7:「Complete listing」をクリック

7:「Complete listing」をクリック

「Complete listing」をクリックすると、MetaMaskが起動し案内が表示されるため、画面の指示に従って進みましょう。

これでNFT作品のオークション出品が完了です。

OpenSeaの固定価格出品方法

OpenSeaで、NFT作品を固定価格で出品する手順を紹介します。手順は下記7ステップです。

  1. Createをクリック
  2. 出品する作品をアップロード
  3. 作品詳細を記入
  4. 「Sell」を選択
  5. 「Fixed Price」を選択
  6. 作品の価格や出品期間を設定
  7. 「Complete listing」をクリック

1:「Create」をクリック

1:「Create」をクリック

OpenSeaのトップページから、「Create」をクリック。

2:出品する作品をアップロード

2:出品する作品をアップロード

NFTにして出品したいデジタル作品をアップロードします。

3:作品詳細を記入

3:作品詳細を記入

オークションに出品する作品をアップロードしたら、作品タイトルやディスクリプション、ブロックチェーンなどを選択し、「Create」をクリック。

これでNFT作品が完成しました。

4:「Sell」を選択

4:「Sell」を選択

NFT作品の詳細ページより「Sell」をクリックし、オークションの販売設定をします。

5:「Fixed Price」を選択

5:「Fixed Price」を選択

固定価格出品の場合は、「Fixed Price」を選択します。

6:作品の価格や出品期間を設定

6:作品の価格や出品期間を設定

作品の価格や出品期間などを設定します。

「Sell as a bundle」とは、他のNFT作品と一緒に販売するまとめ売りのことです。

「Reserve for specific buyer」を選択すれば、指定のユーザーのみが購入できるようになります。例えば、SNSで事前にNFT作品の売買を取り決めていた時に、有効なオプションです。

7:「Complete listing」をクリック

7:「Complete listing」をクリック

各種設定をし、「Complete listing」をクリックしたら、固定価格で出品できます。

OpenSeaのオークション参加方法

OpenSeaでオークションに参加する手順を解説します。手順は下記4ステップです。

  1. 購入するNFTアイテムのページを開く
  2. 「Place bid」をクリック
  3. 入札額を入力
  4. 入札完了

1:購入するNFTアイテムのページを開く

1:購入するNFTアイテムのページを開く

まずは購入したいNFT作品を探します。

画面左のメニューから「On Auction」を選択すると、オークション中の作品だけ表示されます。

2:「Place bid」をクリック

2:「Place bid」をクリック

オークション期間や現在の入札額などを確認します。

作品のオークションに参加したい場合は、「Place bid」をクリック。

3:入札額を入力

3:入札額を入力

入札額を入力し「Place Bid」をクリック。

4:入札完了

Walletが起動します。

ガス代に同意すると、入札完了です。

4:入札完了

オークション期間内に、自身の入札額よりも高い入札者が現れなければ、作品は落札できます。

OpenSeaのオークション以外での出品方法

OpenSeaはオークション以外の販売方法を設定できますが、販売方法によって商品の売れ方が変わる場合があります。

そのため、販売方法ごとの特徴を把握することがおすすめです。

下記より、販売方法ごとの特徴を紹介します。

セット価格

セット価格は「ダッチ方式のオークション販売」と、商品を「固定価格で販売」を行うときに使われます。

供給量が多い商品で使われることが多い販売方法で、ブロックチェーンゲームのアイテムなどの商品がセット価格で販売されているのが大半です。

バンドル

バンドルは、複数の商品を合わせて販売する方法です。

単品で商品を売るより、2つ以上セットで販売することで効率的に商品を販売しやすいといえます。

プライベート

プライベート販売は、個人間取引を行う場合に便利な出品方法です。

手数料がかからない販売方法であり、商品にかかる手数料分を安く販売できるため、購入者と販売者双方にメリットのある販売方法といえるでしょう。

ただし、出品者のアドレスを購入者が知らない場合、取引が成立しない点に注意しましょう。

まとめ:OpenSeaのオークションを利用してみましょう。

OpenSeaのオークションに出品する手順は以下の通りです。

  1. 「Create」をクリック
  2. 出品する作品をアップロード
  3. 作品詳細を記入
  4. 「Sell」を選択
  5. 「Timed Auction」を選択
  6. オークションの設定
  7. 「Complete listing」をクリック
OpenSeaでNFTを販売する方法は、オークション販売だけでなく3つ「セット価格」「バンドル」「プライベート」ございます。

販売するNFTや相手に応じて、商品の販売方法を切り替えていきましょう。

また、「【誰でもできる】NFTアートの作り方!アプリで売れるクリプトアートを作成する」で販売する商品の作り方について詳しく紹介しておりますため、あわせてご覧ください。

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見を蓄えております。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。