NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

【初心者向け】OpenSeaのオークションの出品方法と特徴を解説

NFTプラットフォーム

公開日 : 2021年10月03日 | [更新日]

OpenSeaで商品を出品したいが、OpenSeaにおけるオークションの特徴やどうやって出品するのか興味を持つ方もいるのではないでしょうか。

そこで、本記事ではOpenSeaでオークション形式の出品方法と特徴を中心に解説しながら、オークション以外の出品方法についても紹介します!

OpenSea商品の出品の仕方が分からない方や、出品方法を網羅的に知りたい方に向けた出品方法と特徴を解説します。

OpenSeaのオークション形式と特徴

【初心者向け】OpenSeaのオークションの出品方法と特徴を解説

OpenSeaのオークション形式は下記2種類です。

  • イングリッシュ形式
  • ダッチ形式

上記2種類の特徴が異なるため、詳しく紹介していきます。

イングリッシュ形式

イングリッシュ方式は、最もよい購入条件を提示した入札者に売却される一般的なオークション形式です。

出品した商品を求めるユーザーが希望価格で入札を行い、最も高い金額を入札を行った入札者が商品を受け取る仕組みであり、需要が高い商品は入札者が集まりやすく価格競争が起きやすい場合があります。

そのため販売希望価格以上の金額で入札される可能性が高い特徴があり、商品によっては落札価格が70億円を突破したケースもあります。

OpenSeaのイングリッシュ形式では、締め切りの10分前に入札があった際に追加で10分の延長がなされるため、場合によっては落札されるまで時間がかかる可能性があることは覚えておきましょう。

ダッチ形式

ダッチ形式は、一般的なイングリッシュ形式とは反対に、誰かが商品を購入するまで価格が下がり続けるオークション形式です。

出品から落札までの時間が比較的早く、市場の出回りが不透明な場合でも売れやすい反面、落札価格がイングリッシュ形式より高くなりづらい特徴があります。

OpenSeaのダッチ方式では、オークションを開始すると予約価格を変更ができなくなるので、ダッチ方式で出品する場合には注意が必要です。

OpenSeaでのオークション出品方法

【初心者向け】OpenSeaのオークションの出品方法と特徴を解説

実際にOpenSeaで商品をオークション形式で出品する方法の紹介ですが、今回は例としてイングリッシュ方式の出品方法を7ステップで紹介します。

  • 「作成」をクリック
  • コレクションを作成
  • 出品する商品をアップロード
  • NFT化したいアイテムを選択
  • 「Highest Bid」を選択
  • オークションの設定
  • 「Post your listing」をクリック

1:「作成」をクリック

まずは、自分のアカウントでログインしたOpenSeaのトップページから、作成ボタンをクリックしましょう。

2:コレクションを作成

次にクリエイトボタンをクリックし、コレクション作成を行います。

商品を並べる棚の役割をもつので、商品のカテゴリー別に分けて販売するといいでしょう。

3:出品する商品をアップロード

コレクション作成画面が表示されたら、出品する商品をコレクション内にアップロードします。

アップロードした商品の、ロゴ・名前・説明文の入力ができますので、どんな商品なのかわかるように入力しましょう。

4:NFT化したいアイテムを選択

コレクションに出品する商品をアップロードしたら、出品したいアイテムを選択して商品の右上に表示されるハンバーガーメニューをクリックし、「売る」を選択しましょう。

選択したら、画面右下に青いボタンで「売る」が表示されますのでクリックすると、出品画面に遷移します。

5:「Highest Bid」を選択

オークションで出品する場合は、出品画面にあるSelect your sell methodのボタンから、「Highest Bid」を選択します。

ちなみに、ダッチ方式で販売を行う場合は「Set price」から販売できます。

6:オークションの設定

出品方式を設定しましたら、最後にオークションの設定をします。

イングリッシュ方式では、最小入札額・最低落札価格・オークションの期限をそれぞれ設定する必要があります。

最小入札額は、最初の入札価格になりますため慎重に設定しましょう。

最低落札価格は、商品の落札時に最低落札価格に到達していない場合、商品の取引は成立せずに手元に残ります。

しかし、最低落札価格は1以下に設定できないため、注意しましょう。

オークションの期限は、販売している商品の落札日を選択できます。

初期設定では3日、1週間、1ヶ月が選択できます。

7:「Post your listing」をクリック

設定の完了後、「Post your listing」と表示された青いボタンをクリックすると、MetaMask起動し案内が表示されますため、画面の指示に従って進みましょう。

これで商品の出品が完了いたします。

OpenSeaのオークション以外での出品方法

【初心者向け】OpenSeaのオークションの出品方法と特徴を解説

OpenSeaはオークション以外の販売方法を設定することができ、販売方法によって商品の売れ方が変わる場合があります。

オークションで出品した商品に購入者が現れなかった場合でも、出品方法を変えることで商品が売れる可能性がありますため、販売方法ごとの特徴を把握することがおすすめです。

下記より、販売方法ごとの特徴を紹介します。

セット価格

セット価格は「ダッチ方式のオークション販売」と、商品を「固定価格で販売」を行うときに使われます。

供給量が多い商品で使われることが多い販売方法で、ブロックチェーンゲームのアイテムなどの商品がセット価格で販売されている場合が多いです。

バンドル

バンドルは、複数の商品を合わせて販売する方法です。

単品で商品を売るより、2つ以上セットで販売することで効率的に商品を販売しやすいといえます。

プライベート

プライベート販売は、個人間取引を行う場合に便利な出品方法です。

手数料がかからない販売方法であり、商品にかかる手数料分を安く販売できるため、購入者と販売者双方にメリットのある販売方法といえるでしょう。

ただし、出品者のアドレスを購入者が知らない場合、取引が成立しない点に注意しましょう。

まとめ:OpenSeaのオークションを利用してみましょう。

OpenSeaのオークションは、「イングリッシュ形式」と「ダッチ形式」の2種類が存在します。

販売する商品のカテゴリーによって、販売するオークションの形式を変えて出品するとより効率的に商品を販売できます。

商品をオークション販売する場合、出品方法の手順は下記の通りです。

  1. 作成をクリック
  2. コレクションを作成
  3. 出品する商品をアップロード
  4. NFT化したいアイテムをアップロード
  5. 「Highest Bid」を選択
  6. オークションの設定
  7. 「Post your listing」をクリック

商品を販売する方法は、オークション販売だけでなく3つ「セット価格」「バンドル」「プライベート」ございます。

販売する商品や相手に応じて、商品の販売方法を切り替えていきましょう。

また、「【超入門】NFTアートの作り方!クリプトアート作品を作成しよう」で販売する商品の作り方について詳しく紹介しておりますため、あわせてご覧ください。

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしていきます!

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。