NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

OpenSeaが盗作に対する新たなポリシーを発表

NFTニュース

公開日 : 2022年08月12日 | [更新日]

NFTにおける最大の課題の1つが、NFT作品の盗作です。

NFTマーケットプレイスOpenSeaは、盗作品に対する追加の対策を取り入れるために、ポリシーを調整することに注力しています。

同社は発表の中で、意図的な盗品の販売許可を禁止している米国の法律を考慮し、新たなポリシーを作成したと強調しました。

盗品と知りながら購入した場合、購入者にペナルティが課されるケースもあると述べています。

また、NFTコミュニティからのフィードバックにより、OpenSeaは警察への報告範囲を拡大する方針へと調整しました。

これまでは、警察への通報はエスカレートした紛争で使用されていました。

しかし、今回のアップデートにより、NFTプラットフォーム内のすべての盗難品報告の確認に使用されるようになります。

7日以内に警察からの報告がない場合は、偽の報告を避けるため、報告されたアイテムの再販売を可能にします。

OpenSeaの発表によると、同社は盗難検知の自動化にも取り組んでいるようです。

今年の6月には、NFT詐欺からユーザーを保護するため、疑わしいNFTの送金を自動的に非表示にする追加セキュリティ機能を有効にしています。

参考:Cointelegraph”OpenSea introduces new stolen item policy to combat NFT theft

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。