NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

【簡単】Decentraland(ディンセントラランド)の始め方・遊び方を画像付きで解説

NFT知識

公開日 : 2022年01月04日 | [更新日]

メタバースの世界はゲームがいち早く取り入れられてており、中でも「Decentraland(ディセントラランド)」が有名です。

しかし、「Decentralandを始めてみたいが、無料なのかな?」「コンピューターには詳しくない人でも、Decentralandはできるのかな?」
と不安ではないでしょうか?

結論からお伝えすると、Decentralandは無料で始められ、遊べます。

しかし、注意する点もありますため初心者がDecentralandで気をつける点もお伝えします。

本記事を読み、Decentralandの始め方や遊び方をマスターしましょう。

Decentraland(ディセントラランド)とは?

ディセントラランド(Decentraland)とは?

ディセントラランド(Decentraland)とは、2017年の8月にリリースされた仮想通貨「MANA」を使って土地を売買したり、他者とコミュニケーションを取ったりできるゲームです。

専用のゴーグルを装着してVRゲームとしても楽しめます。

ブロックチェーン技術を使っているので、土地や作品の価格が保証され、安心安全にゲームをプレイできます。

町の中心部の土地は価格が高く、町のはずれの土地は価格が安いので、ゲーム内でも現実と同等の価値をもつのが魅力です。

関連記事:メタバースのおすすめは?プラットフォームの比較と始め方を解説

メタバースのおすすめは?プラットフォームの比較と始め方を解説

Decentraland(ディセントラランド)の始め方

ディセントラランド(Decentraland)の始め方

ディセントラランド(Decentraland)はVRの世界に飛び込めたり、土地を売買して利益をあげたりと非常に魅力的なゲームなので、始めたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

メタバースのゲームは難しいと感じるかもしれませんが、決して難しくはありません。簡単に始められます。

ディセントラランド(Decentraland)の始め方は、以下3ステップです。

  1. MetaMaskを接続
  2. アバターを設定
  3. ユーザー名の設定

1:MetaMaskを接続

ディセントラランド(Decentraland)を始めるには、ウォレットが必要です。ウォレットとは仮想通貨専用の財布を指し、仮想通貨を扱う上では必須になります。

その中でも、ブロックチェーンゲームでよく使われているのが「MetaMask」です。他のゲームをする際にもMetaMaskは使える場面が多く、持っていない方はここでMetaMaskに登録しておきましょう。

MetaMaskにまだ登録していない人は、メタマスク(MetaMask)の登録方法から使い方まで徹底解説(2021年10月更新)を参考に、登録を進めてみてください。

メタマスク(MetaMask)の登録方法から使い方まで徹底解説(2022年1月更新)

MetaMaskに登録している方は、以下の手順で登録できます。

  1. ディセントラランド(Decentraland)にアクセス
  2. 「GET STARTED」をクリック「GET STARTED」をクリック
  3. 「Play using your wallet」をクリック
    「Play using your wallet」をクリック
    MetaMaskを選択
  4. MetaMaskを選択
  5. MetaMaskにログインして接続MetaMaskにログインして接続

2:アバターを設定

MetaMaskと接続できたら、次はアバターを設定しましょう。かなり細かいところまで変えられるので、アバター設定の段階でかなり楽しめます。

自分のアバターを操ってVR世界の中で生活していくので、自分のお気に入りのアバターを作り上げましょう。

アバターを設定

設定できるのは以下の要素です。

  • 性別
  • 肌の色
  • 髪型
  • 眉毛
  • ひげ
  • ズボン
  • アクセサリー

また、MARKET PLACEを通じて、さまざまなアイテムを購入できます。

アバターを設定

3:ユーザー名の設定

アバターの設定も終わったら、最後にユーザー名を設定しましょう。ただし、ユーザー名は以下のような決まりがあるので、注意してください。

  • 15文字以下
  • 使用できるのはアルファベットと数字
  • 日本語・記号は使用できない

ユーザー名の設定

ユーザー名を入力する欄の下部にメールアドレスを入力する欄がありますが、こちらは任意です。入力すると、ニュースレターが届くようになります。

また、アイコン下部の「EDIT AVATAR」をクリックすると、アバターを再設定できます。

ユーザー名を決定すると利用規約が表示されるので、「I AGREE」をクリックすると設定完了です。

Decentraland(ディセントラランド)の遊び方

ディセントラランド(Decentraland)の遊び方

MetaMaskも登録し、ディセントラランド(Decentraland)にログインできたら、いよいよVR世界で遊ぶ準備は完了です。

しかし、いきなりディセントラランド(Decentraland)の世界に飛び込んでも、何をしたらいいかわからない方も多いでしょう。

ディセントラランド(Decentraland)ではさまざまな遊び方ができ、その数は無限大と言っても過言ではありません。

その中でもDecentralandのおすすめの遊び方を5つ紹介します。

  • バーチャル空間を探索する
  • チャットでコミュニケーションを取る
  • イベントに参加する
  • 土地を売買する
  • オリジナルゲームをプレイする

バーチャル空間を探索する

バーチャル空間を探索する

※実際のディセントラランド(Decentraland)内

ディセントラランド(Decentraland)内はとても広く、探索するだけでも楽しめます。

そのため、初めてディセントラランド(Decentraland)にログインした方は、まずワールド内を探索してみましょう。

ディセントラランド(Decentraland)内には様々な施設があり、独自トークンのMANAを使用してカジノができます。

また、他のプレイヤーが自分で作成したNFT作品を展示・販売している場合もあり、鑑賞して購入も可能です。

数日ではとても回り切れないほどの敷地面積なので、まずは探索し、ディセントラランド(Decentraland)内のゲーム世界を楽しむのがおすすめです。

チャットでコミュニケーションを取る

ディセントラランド(Decentraland)では、他のプレイヤーとチャットを使って交流を図れます。

チャットでコミュニケーションを取る

チャットでコミュニケーションを取る

今の時代、LINEやTwitterなどのSNSで気軽にコミュニケーションをとれます。

しかし、ディセントラランド(Decentraland)内ではアバターを使ったコミュニケーションができるので、従来よりさらに深い交流が可能です。

また、ジェスチャー機能もあるので、喜怒哀楽を表現できます。より現実に近いコミュニケーションが可能なのも魅力です。

イベントに参加する

ディセントラランド(Decentraland)では、定期的にイベントが行われています。

イベントに参加する

公式ホームページから確認できるのですが、アートギャラリーやコンペなど多種多様なイベントが目白押しです。

現実では勇気が出なくて参加できていないようなイベントも、ディセントラランド(Decentraland)では気軽に参加できます。お好みのイベントを探してみましょう。

一つ注意点としては、開催日時が全て協定世界時で記載されています。

協定世界時とは世界の標準時として使われている時刻で、日本時間から9時間引いた時刻です。

そのため、日本での開催時刻を知りたい場合は、記載されている時刻から9時間進めてみましょう。

土地を売買する

ディセントラランド(Decentraland)内の土地は、独自トークンMANAを使って購入できます。土地は「LAND(ランド)」と呼ばれ、NFTとして所有可能です。

土地を購入すると、自分が所有する土地の上にカジノや公園などのさまざまな施設を建設できます。プレイヤーが土地を購入し、施設を建設すると街が造られていくのです。

土地は現実世界と同じように資産として保有でき、高値で取引された例もあります。以前には、約2,400万円でディセントラランド(Decentraland)内の土地が購入された取引もありました。

ディセントラランド(Decentraland)内で購入した土地の価格が上がった場合、ゲームの中で稼げる可能性があります。

Decentralandで土地を買うためには、仮想通貨(暗号資産)が必要です。

まだ、仮想通貨(暗号資産)を持っていない方は、国内取引所の「Coincheck(コインチェック)」がおすすめです。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの
公式サイトはこちら

Coincheck(コインチェック)の取引所の開設がまだの方は、下記記事で画像付きで解説をしておりますため、ご覧ください。

OpenSeaの買い方をどこよりも分かりやすく画像でイチから解説

オリジナルゲームをプレイする

ディセントラランド(Decentraland)がそもそもゲームなのですが、ディセントラランド(Decentraland)内でもオリジナルゲームをプレイできます。

特に人気を集めているのが、2017年にリリースされた「イーサモン」。イーサモンはモンスターをゲットして育てたり、戦わせたりして楽しむゲームです。

イーサモン以外にもゲームがあり、どれも「ゲームの中でゲームをする」新しい体験ができます。

Decentraland(ディセントラランド)を始める際の注意点

ディセントラランド(Decentraland)を始める際の注意点

ディセントラランド(Decentraland)では、イベントに参加したり土地を売買したりと、さまざまな楽しみ方があり、多くのユーザーが楽しめるコンテンツになっています。

しかし、ディセントラランド(Decentraland)を始める上で注意点も存在します。

何事も良い面・悪い面の把握は必要です。特に、ディセントラランド(Decentraland)は仮想通貨を扱うゲームの特性上、注意点を知らないと損をする可能性もあります。

注意点は以下の3つです。

  • 突然サービスが終了する可能性がある
  • 価格変動がある
  • 日本円での取引はできない

突然サービスが終了する可能性がある

ディセントラランド(Decentraland)は2017年にサービスが開始されたばかりで、まだまだ日が浅いサービスです。

そのため、突然のサービス終了も考えておく必要があります。

サービス終了の原因として考えられるのは、ユーザーが思ったより増えなかったり、収益が思うように上がらなかったりして、プラットフォームの維持が困難になる流れです。

しかし、今や数多くのユーザーが利用しているTwitterやTikTokなども、最初のころは懸念されていました。

ディセントラランド(Decentraland)も大きく成長する可能性があるので、今後に期待しましょう。

価格変動がある

ディセントラランド(Decentraland)内では独自トークンMANAを使いますが、MANAの価格変動も注意しないといけません。

自分が保有している円をMANAに換えてゲーム内の土地を買うので、MANAの価格が下がると土地の価格も下がります。

逆にMANAの価格が高騰した場合、換金が難しくなり、ディセントラランド(Decentraland)のプレイ自体難しくなってしまいます。

そのため、MANAの価格には常に注目しておきましょう。

日本円での取引はできない

ディセントラランド(Decentraland)では日本円での取引はできません。

日本円を一度ビットコインに換金し、さらに換金したビットコインをMANAに換える必要があります。

少し不便に感じますが、ディセントラランド(Decentraland)がまだ日本語に対応していないため、仕方がない部分もあります。

ユーザーが増えると日本語に対応する可能性もあるので、いずれは世界中の言語や通貨に対応する可能性に期待しましょう。

Decentraland(ディセントラランド)の今後の可能性

ディセントラランド(Decentraland)の今後の可能性

ディセントラランド(Decentraland)はまだリリースから日が浅く、注意点も多いですが、今後の可能性に期待できる点もあります。

ディセントラランド(Decentraland)を始めるうえで、今後ディセントラランド(Decentraland)がどうなっていくのかについても知っておくべきです。

ディセントラランド(Decentraland)の今後の可能性は、以下の2つです。

  • 価格の上昇
  • 企業との連携

価格の上昇

ディセントラランド(Decentraland)で使われている独自トークンMANAの価格が、上昇する可能性があります。

MANAの価格は2021年1月時点では約8円でしたが、2021年11月には約632円にまで上がりました。およそ1年で79倍の成長を遂げたのです。

Digital CoinThe Economy forecast Agencyなどの各メディアも、MANAの価格は今後も上がっていくだろうと予想しています。

企業との提携

ディセントラランド(Decentraland)は現在でも、さまざまな企業との提携が盛んです。前述したオリジナルゲーム「イーサモン」も、企業との提携で運営されています。

他には、アメリカのゲーム会社「Atari」と提携していて、ディセントラランド(Decentraland)上でカジノやゲームがプレイ可能です。

また、きゃりーぱみゅぱみゅなどが所属している芸能プロダクション「アソビシステム株式会社」と提携して、ディセントラランド(Decentraland)上に「MetaTokyo(メタトーキョー)」を作り、ブロックチェーン技術を活用した新たなカルチャーを発信しようとしています。

ディセントラランド(Decentraland)は最先端の技術を使っているので、興味がある企業も多いはずです。そのため、企業との提携は今後さらに進んでいくでしょう。

まとめ:Decentraland(ディセントラランド)の始め方を知ってメタバースの世界を楽しもう

ディセントラランド(Decentraland)の始め方はとても簡単で、以下の3ステップで始められます。

  1. Metamaskを接続
  2. アバターを設定
  3. ユーザー名の設定

ディセントラランド(Decentraland)内はとても広いので、探索するだけでも楽しめます。また、定期的なイベントに参加したり、土地を売買したりと楽しみ方は無限大です。

リリースから日が浅いため、ディセントラランド(Decentraland)内で扱われている独自トークンMANAの価格変動や日本円での取引ができないなどの注意点もありますが、今後改善する可能性はあります。

本記事を参考に、今勢いがあるディセントラランド(Decentraland)を始めてみましょう。NFTや他のブロックチェーンゲームにも興味がある方は、NFT-Nowで他の記事も読んでみてください。

関連記事:メタバースとは?おすすめのプラットフォームや注意点など解説

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。