NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

Ethereum wallet(イーサリアムウォレット)の使い方を解説!

Ethereum wallet

公開日 : 2021年10月04日 | [更新日]

Eth(イーサリアム)を使う場面で、必ず使うことになるEthereum Wallteですが、あまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

実際にEthereum Wallteは種類が多く、使い方や始め方がいまいちよく分からないといった方も少なくありません。

本記事では、Ethereum Wallteの使い方を解説するほか、Ethereum Wallteの始め方やEthereum Wallteを使う際の注意点を紹介いたします。

Ethereum Wallet(イーサリアムウォレット)とは?

Ethereum wallet(イーサリアムウォレット)の使い方を解説!

ブロックチェーン上にアプリケーションの記録や、契約の内容を保存するスマートコントラクト機能により、コピーや改ざんが容易なデジタルデータの保護が可能となりました。

そのため、音楽やイラストなどのアート作品を取引する「NFT」において、主要となっている通貨の一つがEtherであり、そのEtherを管理するEthereum Walletは年々需要が高まっています。

Ethereum Wallet(イーサリアムウォレット)の使い方

Ethereum wallet(イーサリアムウォレット)の使い方を解説!

財布から現金を取り出す・しまう行為を、Web上で用いられる仮想通貨で行えるようにするためEthereum Walletは使われます。

Ethereum Walletは数多くリリースされており、代表的なEthereum WalletはMyEtherWallet、MetaMaskなどが挙げられます。

Ethereum WalletのMyEtherWalletで作り方を3ステップで解説

Ethereum wallet(イーサリアムウォレット)の使い方を解説!

印刷やメモを残すことを推奨する工程がございますため、あらかじめ用意しておくとスムーズにMyEathrWalletのアカウント開設を行えます。

1:パスワードを設定

MyEtherWalletを作成するためには、まずはパスワードを設定する必要があります。

MyEtherWalletの公式サイトを開き、新しいウォレットを作成しようとするとパスワードの入力画面に切り替わり、パスワードを設定できるようになります。

ここで設定するパスワードを忘れてしまうと、MyEtherWalletにアクセスできなくなってしまう可能性があるため厳重に保管しましょう。

2:Keystore&秘密鍵の保存

次にKeystoreと秘密鍵をそれぞれ保存する必要があります。

パスワードを設定した後、Keystoreというファイルをダウンロードします。

このファイルはMy ether Walletにログインする時に使用されるファイルのため、消してしまわないよう保存を行いましょう。

ダウンロード後、画面の指示にしたがって進んでいくと秘密鍵が表示されます。

この秘密鍵はパスワードと同様に重要なため、メモを取るなどをして厳重に保管しましょう。

3:バックアップを行う

My ether Walletの作成が完了したら、次にバックアップを行います。

お財布情報を見るを選択し、クリックするとQRコードと印刷ボタンが表示されますため、印刷ボタンをクリックしてQRコードを印刷しておきましょう。

仮想通貨を守ることは自身の保有する資産を守ることにつながるため、印刷したQRコードも無くさないように厳重に保管しましょう。

Ethereum Wallet(イーサリアムウォレット)の注意点

Ethereum wallet(イーサリアムウォレット)の使い方を解説!

  • パスワードや秘密鍵を手書きで保存する
  • 自身の資金に責任を持つ

パスワードや秘密鍵を手書きで保存する

Ethereum Walletを作成する際に設定したパスワードと秘密鍵は手書きで保存しましょう。

アカウント情報を誤って消してしまった場合に、パスワードや秘密鍵が分からない場合、Ethereum Walletを復元することが不可能になります。

また、パスワードと秘密鍵が他人に知られてしまった場合、あなたのEthereum Walletに他人がアクセスできるため注意が必要です。

保管方法として、パソコンやデータで保存するとウイルスなどの影響で失われる可能性があるため、手書きで厳重に保管することが有効な対策の一つです。

自身の資金に責任をもつ

Ethereum Walletは財布や銀行のような役割をもっており安全性は高いですが、100%安全ではありません。

財布を無くしてしまうことや銀行が倒産してしまうリスクがあるのと同様に、Ethereum Walletを運営している会社が攻撃されたり閉鎖したりするなど一定のリスクがあります。

100%安全な資金管理方法は現状ございませんため、自身の資金に責任をもって管理しましょう。

まとめ:Ethereum Walletは自己管理が重要

Ethereum Walletは、Etherの送金・保持を可能にするアプリケーションのことを指しているため、財布や銀行の役割に近いです。

Etherを管理するEthereum Walletは多数リリースされているため、自分にとって使いやすいEthereum Walletを選んで利用しましょう。

また、Ethereum Walletのパスワードや秘密鍵の保存や資金の管理は、自分自身で責任をもってしっかりと行うことが重要です。

本メディア「NFT-Now」では、NFTに関する有益な情報を発信していますため、興味がある方はぜひ他の記事もご覧ください。

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしていきます!

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。