NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

7000万ドルの資金調達をしたNFT『Pixelmon』の低クオリティさに投資家は大激怒

NFTニュース

公開日 : 2022年03月03日 | [更新日]

低クオリティなアート

『Pixelmon』は、購入者がメタバース上で 訓練、取引、戦闘、進化させられるNFTゲームで、プロジェクトの創設者である Syber 氏は、ポケモンのようなセンスが良く、美しくデザインされたキャラクターを発表しました。

それによりNFTマーケットプレイス「OpenSea」で7000万ドル(約80億500万円)の資金調達を達成しました。

しかし、実際のNFTアートが公開されると、投資家たちはすぐに買い控えを表明。

ポケモンにインスパイアされた美しいデザインのはずのNFTプロジェクト『Pixelmon』は、救いようのないほど醜いピクセルアートだったため、投資家は激怒し大炎上となりました。

あるユーザーは、crypto開発者が突然プロジェクトを放棄して資金を持ち逃げするような、最近ではよく見かけられる手口を引き合いに出して、「すべての買い手は撃たれ強い人だと言っても過言では無い。」「ぼったくりNFTプロジェクトのサポートをやめよう。」とTwitteしました。

それでも、NFTの熱狂的なファンたちは、この中途半端なキャラクターデザインを面白おかしいミームとしてTwitterに投稿しました。

コレクターの反省

NFTのプロジェクトが期待に応えられないのは、これが初めてではありません。最近では、NFTコレクターが数百万ドルを騙し取られるようなことが、よく見かけられます。

『Pixelmon』が確実な投資対象であると宣伝したSyber氏は、公開したものが実際のゲーム内でアートとして成り立っていないことを認めました。

またSyber氏は、「『Pixelmon』はまだ準備ができていないだけで、お金を持ち逃げするようなことはない。」と主張。

さらに「計画では、ミントから集めた資金を使って、適切でより良い作品を作る予定である。」とTwitteしています。

Syber氏は、PixelmonDiscordチャンネルの「AskMeAnything」にて「私はPixelmonを代表して、この件で影響を受けたすべての皆さまに謝罪したい。」「Pixelmonプロジェクトを始めたとき、これほど事態が大きくなるとは思っていませんでした。」と発言しました。

このような謝罪が、『Pixelmon』に数千ドル相当を費やしたコレクターをなだめるのに十分であるかどうかは、まだわからない状況です……

NFTの転売での注意点などについてさらに詳しく知りたい方は、「NFT転売のやり方を5ステップで解説!初めてでも稼げるコツや注意点などでご紹介していますので参考にしてください。

NFT転売のやり方を5ステップで解説!初めてでも稼げるコツや注意点など

参考:NFT Buyers Furious After Art They Spent $70 Million on Turned Out to Be Completely Hideous

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。