NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

Polygonのネットワーク上のアプリが400%増加

NFTニュース

公開日 : 2022年08月16日 | [更新日]

暗号市場は依然として冬の時代が続いていますが、業界の他のいくつかの領域では着実な上昇が見られています。これらの領域の顕著な例の1つが、Polygonネットワークの運用チームです。

Polygonの増加数

今年3月時点では、月間アクティブチーム数は約8,000でした。しかし、最近のデータによると、7月時点での同ネットワークの現在の月間アクティブチーム数は約11,800に達しています。

一方、イーサリアムのスケーリングプラットフォームであるPolygon上のDApps(分散型アプリケーション)も最高値を更新しました。最近のデータによると、ブロックチェーン上の分散型アプリケーションの総数は現在37,000に達しています。この数字は、今年の初めから400%増加しました。

ブロックチェーンチームが8月10日にブログ記事を通じて明らかにしました。情報源は、提携するWeb3開発会社「Alchemy」から発信されたものです。このデータは、ブロックチェーンが,これまでにメインネットとテストネットで起動したアプリケーションの数をまとめたものです。

 

情報によると、ブロックチェーン上のアクティブチーム数は11,800に達しました。この数値は、7月末からの過去4週間で47.5 % の増加を示しています。

PolygonのDAppsに関するレポート

プロジェクトチームからの報告では、分散型アプリケーションに関する中断が挙げられています。Polygonブロックチェーン上の統合チームだけで74%でした。一方、ブロックチェーンとイーサリアム上に展開されたものは26%でした。

さらに、プルーフ・オブ・ステーク・ブロックチェーンは、いくつかの代表的なプロジェクトの分散型アプリケーションをサポートしていることでも知られています。

これらのプロジェクトには、Decentraland、The Sandbox of the Metaverseプラットフォーム、NFTマーケットプレイスOpenSeaが含まれており、その他、NFTのベンチャーゲーム/ファンド会社である「Animoca Brands」や、DeFiレンディングプラットフォームの「Aave」なども、リストアップされています。

また、ブロックチェーンは、EVM(Ethereum Virtual Machine)を通じてホスティング作業を行うことが報告されています。

さらに、Polygonブロックチェーン上で使用される分散型アプリケーションには、1億4,200万以上のア​​ドレスが登録されています。以上が、ブログ記事から引用した詳細な情報です。

このパートナーシップにより、Polygonの開発者は、分散型アプリケーションを容易に構築できるようになったと付け加えています。

記事によると、これらの固有のユーザーアドレスには、ネットワーク上にセキュリティ保護された最大50億ドル相当の資産が含まれているとのことです。さらに、約16億件の取引がすでにブロックチェーン上で実行されています。

PolygonのCEOであるRyan Wyatt氏は、その成長に非常に感激していることを表明しました。彼はTwitterの投稿でこれを明らかにし、同社でチームが良い1年を経験していることに言及しました。

Polygonチームは今年初め、分散型アプリケーションの成長の主因を発表。彼らは、Web3開発プラットフォームである「Alchemy」との提携がDAppsの成長を促進させたと認識しています。

また、このパートナーシップにより、Polygonの開発者は分散型アプリケーションを容易に構築できるようになったと付け加えています。 

Polygonに関しては「Polygon/Maticの買い方|ステーキング方法と購入取引所を紹介」で詳しく解説しています。ぜひ、参考にしてみてください。

Polygon/Maticの買い方|ステーキング方法と購入取引所を紹介

参照:Polygon Team Reports Apps On The Network Surge By 400%

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。