NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

Polygon/Maticの買い方|ステーキング方法と購入取引所を紹介

NFTプラットフォーム

公開日 : 2022年01月04日 | [更新日]

  • Polygon/Maticの買い方が知りたい
  • Polygon/Maticを入手できるおすすめの取引所はどこ?
  • Polygon/Maticでステーキングの方法は?

上記が知りたいと考えていませんか。

Polygonは、2017年から開始されたプロジェクトで、開始当時はMaticといった名称でした。2021年の3月に「MCH+支援」のタイトルがPolygon対応を実施するというニュースがありました。

本記事では、Polygon/Maticの買い方、ステーキングの方法について解説しています。

MATIC Wallet(Polygon)とは

MATIC Wallet(Polygon)とは

MATIC Walletとは、Polygonが発行している暗号資産トークン「MATIC」を保存するウォレットを指します。

また、Polygonとは、イーサリアムのセカンドレイヤーとして機能することを目指す、ブロックチェーンネットワークプロジェクトです。

元々2017年10月にMaticNetworkとして立ち上げられたプロジェクトでしたが、2021年の初めにPolygonとブランド名を変更しました。

MATIC Walletの特徴は暗号資産を取引している方にとって、利便性が高いとして注目を集めています。

Polygonが発行しているトークン「MATIC」

Polygonが発行している暗号資産トークン「MATIC」は、イーサリアムブロックチェーンに一緒に実行される並列ブロックチェーンとして機能します。

並列ブロックチェーンはセカンドレイヤーと呼ばれ、対象であるイーサリアムの互換性を保持しているため、ブロックチェーン上のアプリケーションサービスが利用可能です。

イーサリアムと互換性を持ちながらも、暗号資産の取引の記録が早く、手数料が安い特徴があります。

そのためイーサリアムの問題点である、ユーザー過多による処理遅延やガス代の高騰を、解決する策の一つとしてMATIC Walletが注目を集めています。

Polygon/Maticを利用するNFT作品が増えている

近年では、Polygon/Maticを利用するNFT作品が増えています。

NFT(Non-Fungible Token)とは、非代替性トークンともいわれ、ブロックチェーン上で発行・流通するデジタルデータのことです。

NFTは現在、メタバースやアート作品の需要が拡大しているため、NFTに関する暗号資産の価値が上昇しています。

そのため、NFTに対応しているMATIC Walletは、今後の成長性に大きく期待できるといえるでしょう。

メタバースについて詳しく知りたい方は「メタバースとは?おすすめのプラットフォームや注意点など解説」をご覧ください。

メタバースとは?おすすめのプラットフォームや注意点など解説

また、メタバースと関連する暗号資産の注目度について詳しく知りたい方は「メタバースへの注目が高まり、NFTトークンの価値が42%も上昇」をあわせてご覧ください。

Polygon/Maticの買い方

MATIC Walletの買い方

MATIC Walletは2021年12月現在、日本国内の暗号資産取引所で購入できません。

しかし、海外の暗号資産取引所で購入する方法は複数あります。

本記事では、一例としてイーサリアムをMATIC Walletに変換する方法を紹介します。

Polygon/Maticの買い方が知りたいを6ステップで解説します。

  1. MetaMaskに登録
  2. 取引所で口座を開設
  3. Ethereumメインネットに送金
  4. MATIC Walletと接続
  5. Polygonに送金
  6. Polygonネットワークに接続

①MetaMaskに登録

MATIC Walletを購入するために、MetaMaskの公式ページにアクセスし、登録する必要があります。

MetaMaskの登録手順は以下の4ステップです。

  1. Chromeの拡張機能としてインストール
  2. パスワードの設定
  3. バックアップフレーズ(リカバリーフレーズ)の保存
  4. 秘密鍵を保存

画面の指示に従って登録作業を進めましょう。

MetaMaskの登録方法について詳しく知りたい方は「メタマスク(MetaMask)の登録方法から使い方まで徹底解説(2021年10月更新)」をあわせてご覧ください。

メタマスク(MetaMask)の登録方法から使い方まで徹底解説(2022年1月更新)

②取引所で口座を開設

MetaMaskの登録した後に、取引所の口座開設を行います。

イーサリアムを購入できる取引所であればどこの取引所でも問題ありませんが、「コインチェック(CoinCheck)」は登録が簡単でおすすめです。

また、​コインチェック(CoinCheck)の口座開設が完了できましたら、イーサリアムを購入しましょう。

口座開設・イーサリアムを購入する取引所を選ぶ注意点として、金融庁に認可された国内暗号資産取引所を選ぶようにしましょう。

\ アプリダウンロード数No.1 /

コインチェックの
公式サイトはこちら

③Ethereumメインネットに送金

MATIC Walletの買い方

購入したイーサリアムをMetaMaskに送金します。

イーサリアムを購入した暗号資産取引所によってMetaMaskへの送金方法は異なりますが、多くの場合MetaMaskへの送金手段が準備されています。

取引所の送金画面で、送金する「金額(ETH)」を入力し、手数料などを確認して問題がなければMetaMaskへ送金しましょう。

送金の際にガス代がかかる取引所があります。ガス代を抑えたい方は「MetaMask(メタマスク)の入金・送金方法!手数料を抑える方法は?」をあわせてご覧ください。

MetaMask(メタマスク)の入金・送金方法!手数料を抑える方法は?

④MATIC Walletと接続

MetaMaskにイーサリアムを送金できましたら、MetaMaskとMATIC Walletを接続できる状態にします。

MetaMaskの上部にあるネットワークをクリックすると、様々なネットワークが出てくるので、「カスタムRPC」をクリックしましょう。
MATIC Walletの買い方

ネットワークページに遷移したら、以下を入力してください。

ネットワーク名Matic mainnet
RPC URLhttps://rpc-mainnet.matic.network​
チェーンID137
シンボルMATIC
ブロックエクスプローラURLhttps://explorer.matic.network/

MATIC Walletの買い方

入力後、保存をクリックすれば、接続が完了します。
MATIC Walletの買い方

⑤Polygonに送金

  1. Polygonのログインページにアクセス
    MATIC Walletの買い方 

 

  1. 「Connect to a Wallet」をクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. MetaMaskをクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. MetaMaskが起動するので、ログイン後「署名」のボタンをクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. MetaMaskの接続が完了され、メイン画面が表示されましたら、「Polygon Bridge」をクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. Maticネットワークのイーサリアムに変えたい数量を選択し、『Transfer』をクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. 注意事項を確認して『Continue』をクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. イーサリアムのガスを確認して『Continue』をクリック
    MATIC Walletの買い方

イーサリアムのガスが表示されておりますため、確認しましょう。

  1. 内容の最終確認をして『Continue』をクリック
    MATIC Walletの買い方

 

  1. トランザクションの完了を待ちましょう。(7〜8分、長いと30分以上)

「View on Etherscan」をクリックすると、トランザクション経過を見ることができます。

  1. Bridge(ネットワーク移行)の完了

ネットワーク移行完了後、Matic Walletに戻り、MaticネットワークにETHが入っていることを確認しましょう。

⑥Polygonネットワークに接続

イーサリアムをPolygonに送金できましたら、QuickSwapを使ってイーサリアムをMATIC Walletに変換します。

  1. 右上の「connect to a wallet」をクリック
    MATIC Walletの買い方

Bridgeしたイーサリアムは、MetaMaskのPolygonのところに入っているため、MetaMaskをPolygonネットワークに切り替えて、接続すると、Bridgeしたイーサリアムの数が表示されます。

  1. MATIC Walletに接続したMetaMaskでログインしてください。
    MATIC Walletの買い方

ログイン完了後にアカウント名が表示されます。

  1. 任意のMaticに変えたい数を選択し「Enter an amount」をクリックMATIC Walletの買い方
  1. 「from」に交換枚数の入力と交換元通貨の選択(イーサリアム)
  2. 「To」に交換先通貨の選択(MATIC)
  3. 任意のMaticに変えたい数を入力します。
  4. 「Enter an amount」をクリック

 

  1. 任意のボタンが表示されるため、クリックして進めます。
  1. 「Approve ETH」をクリック
  2. MetaMaskが起動、「確認ボタン」をクリック
  3. 「Swap」をクリック
  4. 「Confirm Swap」をクリック

 

  1. イーサリアムからPolygon(Matic)へ「Swap」完了です。

Polygon/Matic(MATIC Wallet)で起きた問題の対処方法

MATIC Walletで起きた問題の対処方法

MATIC Walletでは稀に以下のような問題が起きるケースがあります。

  • ガス代のMATICがもらえないときの対処法
  • 取引がうまくされないときの対処法

問題が起きた際の対処方法について解説します。

ガス代のMATICがもらえないときの対処法

MATIC Walletでは、ガス代として0.001MATICを貰えます。

しかし、現在はMATIC Walletの利用者が急増しているため、ガス代をもらえない事例があるようです。

ガス代がもらえなかった場合は、MetaMaskのモバイルアプリで接続すると、ガス代を取得できた報告があります。

いつまでモバイル接続でガス代を受け取る方法が有効かは分かりませんが、試してみる価値はあるでしょう。

取引がうまくされないときの対処法

2021年にブランド名が変更されたこともあり、それ以前からMATIC Walletを利用していた方は取引が上手くいかない場合があります。

以前から利用していて取引ができない場合は、MetaMaskに設定されているRPC URLが変更されていない可能性があります。

MetaMask上部にある「カスタムRPC」から下記項目が設定されているか確認してみましょう。

ネットワーク名Matic mainnet
RPC URLhttps://rpc-mainnet.matic.network​
チェーンID137
シンボルMATIC
ブロックエクスプローラURLhttps://explorer.matic.network/

Polygon/Matic(MATIC Wallet)の使い方:ステーキングをする方法

MATIC Walletの使い方:ステーキングをする方法

MATIC Walletの使い方として、ステーキングする方法があります。

MATIC Walletのステーキングは、一定期間ロックして自身の保有する仮想通貨が使えなくなる代わりに利回りが大きいといわれる「定期ステーキング」が可能です。

MATIC Walletが入金されたMetaMaskで、Polygonにあるアプリケーションの中から、「ステーキング」を選択します。

すると、ネットワーク上のトランザクションを検証・承認する利用者(バリデーター)の一覧が表示されます。

任意のバリデーターに自らの通貨やトークンを委任(デリゲート)すると、報酬の分け前の受け取りが可能です。

自身のMATICを一定期間ロックするだけで不労所得を得られる可能性があるため、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

まとめ:成長性が高いPolygon/Matic(MATIC Wallet)を入手しましょう

MATIC Walletは、Polygonが発行している暗号資産トークン「MATIC」を指しており、イーサリアムのセカンドレイヤーとして機能します。

現在ではPolygon/Maticを利用するNFT作品が増えており、メタバースやアート作品の需要拡大とともに、成長性が高い暗号資産として注目を集めています。

MATIC Walletの買い方は以下6ステップです。

  1. MetaMaskに登録
  2. 取引所で口座を開設
  3. Ethereumメインネットに送金
  4. MATIC Walletと接続
  5. Polygonに送金
  6. Polygonネットワークに接続

不労所得が得られる可能性がある、ステーキングとしての使い方もあるので、MATIC Walletで取引してみてはいかがでしょうか。

NFT-Nowでは、NFTに関するニュースや役立つ情報を日々発信しております。

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。