NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

ウクライナ政府「戦争の博物館」NFTコレクションを始動

NFTニュース

公開日 : 2022年03月28日 | [更新日]

ウクライナ政府は、「戦争の博物館」のNFTコレクションを開始しました。政府が開設した博物館のウェブサイトによると、販売収益はすべてウクライナ・デジタル変革省の公式ウォレットに直接送金され、軍と民間人を支援します。

ウクライナ政府によるNFTコレクション

ウクライナ政府は、ロシアとの戦いのための資金を調達するために、NFTコレクション「Meta History:Museum of War」を立ち上げました。

ウクライナ副首相で同国のデジタル変革担当大臣を兼務するミハイロ・フュードロフ氏はNFTコレクションの立ち上げを発表するツイートをしました。

ロシアが戦車でウクライナを破壊する一方で、私たちは革命的なブロックチェーン技術に頼っています。

NFT博物館が発足しました。戦争の記憶をとどめる場所、そしてウクライナのアイデンティティと自由を讃える場所です。

NFTプロジェクト「戦争の博物館」のミッションは「当時のリアルな出来事を記憶として残し、真実の情報を世界中に広め、ウクライナ支援のための寄付を集めること」とウェブサイトでは説明されています。

NFTコレクションのウェブサイトではさらに、「NFTはウクライナの近現代史の出来事を年表にしたものであり、同時に事実に個人の考察を添えたもの」と詳細に紹介されています。

Fair.xyzは、ウクライナ政府のためにコレクションのウェブサイトを構築し、2022年3月30日水曜日に予定されている最初の販売の準備を整えました。この販売では200万ドルから300万ドルの資金調達が見込まれており、1点450ドル程度の価格の5000点から7000点イーサリアムチェーンで用意されているとフォーブスは報じています。

NFTコレクションの公式Twitterアカウントでは、以下のように説明されています。

「すべての実在する出来事です。すべてのNFTは時系列で販売される予定で、内容についてはNFTが販売されるまでは非公開です。」

NFTはMeta historyから購入します。戦争博物館は、ウクライナを支援するためにデジタル変革省のウォレットに直接送金するスマートコントラクト契約を使用しています。よって100%優良で安全な取引となります。

フェドロフは、ウクライナ政府が予定していたトークンのエアドロップを中止した後、3月3日にウクライナ軍を支援するためにNFTを開始する計画を初めて発表しました。

3月14日、ウクライナ政府は暗号通貨で寄付を集めるための公式ウェブサイトを立ち上げました。その後、ウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ウクライナの仮想通貨市場を規制するための暗号資産関連法案に署名しています。

参考:Ukraine’s Government Launches ‘Museum of War’ NFT Collection

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。

WRITER

NFT案件を中心に執筆しているWebライターです。 新しいものが大好きで、NFTは現在3点所有しています。 NFTゲームBombCryptoで15体のHEROを運用中。 読者の皆様がわかりやすいと思えるような情報発信を心がけています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。