NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

NFTニュースの記事一覧

「NFTの最新ニュース」の記事一覧です。NFTに関する最新の国内・海外のニュースを詳しく解説していきます。忙しい方に向けた週間まとめニュース記事も用意しておりますため、週間でNFTのニュースが見たい方はぜひご覧ください。

記事一覧

NikeがWeb3.0プラットフォーム「.Swoosh」のローンチを予定しています。

逆風の中でも予定通り開始

Nikeが提供する「.Swoosh」では、ユーザーが仮想の靴やアパレルを売買できるようにする予定です。

11日に世界で三番目の暗号資産取引所FTXが倒産したこともあり、NikeのWeb3.0に対する態度には注目が集まっていましたが、予定通りWeb3.0事業は継続するようです。

Nikeは、このプラットフォームで具体的に何を提供するかあまり多くの情報を公開していませんが、デジタルゲームやメタバースなどの「没入型体験」の中でウェアラブルアイ...

「NFTSTAR」のスーパースターチームは、The Sandboxと「NFTSTAR」がWeb3企業Forjとの提携により共同開発したオープンメタバース「The Sandbox」の中で、Bored Ape Yacht Clubのオリジナルキャラクターのライセンスを含む世界規模のスポーツビレッジの体験を提供する予定です。

多才なブラジル人選手「ネイマールJR」アジアのサッカー界のスーパースター「ソン・フンミン」ポルトガルサッカー界の伝説的選手「ルイス・フィーゴ」が、分散型ゲーム用バーチャル・ワールドの代表格でAnimoca Brandsの子会社である「The Sandbox」...

世界的に有名なサッカー選手であるリオネル・メッシは、その素晴らしいキャリアを記念して、Web3スタジオであるEthernal Labsと共同で、NFTコレクションを作成します。

この記念コレクションは、11月27日12時(米国東部時間)よりethernity.ioで独占販売されます。

NFTは、第一線で活躍するアーティストVictor Mosquera氏によるデジタルアートワークと、アルゼンチン代表として世界大会に出場したメッシのデジタルグッズ5点で構成されます。

11月27日より、メッシが2006年夏に初めてワールドカップに出場したことを記念し...

アルゼンチンサッカー界のスーパースター、リオネル・メッシ氏の、NFTゲーム「Sorare」への投資およびブランドアンバサダーとしての参加が発表されました。

スーパースターのNFTゲームとの提携

サッカー界のスーパースターであり、現在PSGに所属するリオネル・メッシ選手が、NFTのカードゲーム「ソラーレ」のブランドアンバサダーに就任しました。

メッシ選手の参加により、ソラーレブランドの成長や、ユーザー交流の質の向上が期待されています。

このパートナーシップの一環として、ソラーレは、メッシ選手が同社に出資したことを発表しましたが、具体的な金額について...

スティーブ・ジョブズが履いていたサンダルが金曜日にオークションに出品されます。

オークション会社のジュリアンズ・オークションズによると、6万ドルから8万ドルの値がつくと予想されています。

オークションに出品されるサンダルは、ジョブズが1970年代から80年代にかけて履いていたもので、1980年代にカリフォルニア州アルバニーにあるジョブズの所有物件の1つを管理していたマーク・シェフが拾ったそうです。

シェフはサンダルを手に入れることになった経緯について、こう語っています。

「スティーブは住み込みで働く人を探していました。働き手たちはス...

イギリスで創業したスイスの時計ブランド「ロレックス」が、暗号通貨、NFT、メタバースに関連する商標を申請し、拡大するNFTメタバースの時流に乗りました。商標と特許の大手弁護士であるMichael Kondoudis氏がTwitterにて、高級時計の名門企業であるロレックスに関する最新情報を伝えています。

[embed]https://twitter.com/KondoudisLaw/status/1589591456251273217?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E15895914562512732...

韓国の中央銀行は、10カ月にわたる韓国ウォンのデジタル化実験を完了したことを報告しました。

実験には、CBDC(中央銀行デジタル通貨)によるNFT取引実験も含まれていたとのことです。

CBDCによるNFT購入テスト

韓国中央銀行(BoK)は、他国の異なる中央銀行デジタル通貨(CBDC)とリンクしたクロスボーダー送金プログラムを開発し、テストしたと、韓国聯合ニュースが8日に報じました。

中央銀行総裁の張永瑞氏は9月の時点で、中央銀行は韓国ウォンのデジタル化に関する10カ月間の実験を終えたことを明らかにしていました。

このプロジェクトの...

NFTマーケットプレイス大手のOpenSeaは、詐欺を防止し、盗まれた資産の転売を防止するための新しい自動化機能を発表しました。

概要 [su_note note_color="#eee"]

取引高でトップのNFTマーケットプレイスであるOpenSeaは、新しい盗難検知・防止機能の提供を開始 盗まれたNFTを特定し、転売を防止する機能を装備

[/su_note] NFT分野では盗難が大きな問題となっています。特に「ウォレットドレイナー」と呼ばれる悪用手法が無防備なコレクターから数百万ドル相当の資産を奪うなど、ブロックチェーン上でその取引を取り消す方法はあり...

今週のNFTの売上高は1億7,048万ドルとなり、先週より56%以上増加しました。

売上は18の異なるブロックチェーン・プロジェクトから発生し、イーサリアムは総額のうち1億3931万ドルとなり、前週比95%増となっています。

売上が2番目に多かったのは、74.27%増加したPaniniベースのNFTでした。

しかし、Polygon系NFTの売上は80.66%減、Cardano系NFTの売上は44.11%減と低迷しています。

今回の売り上げに大きく貢献したのは、新NFTプロジェクト「Art Gobblers」と「Keepers」です。...

英国の超党派議員連合がNFT規制について、国民の意見を聞く調査を開始しました。

NFTの価格変動に注目

今回の調査メンバーは党派を超えた、デジタル・文化・メディア・スポーツの各界に精通した議員からなっており、NFTの運用、リスク、利益について調査をしたい構えです。

NFTは2020年から2021年にかけて各界著名人の推薦で注目を集め、これらのトークンを売買できるメタバースの出現によりその価値は更に高まりました。

議員連合の声明によると、2021年3月末までに世界のNFTの売上高は170億ドルを突破したとのことです。

しかし、報告には...

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。