NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

Yuga Labsが10KTFを追加、NikeがNFT Marketplaceを創設、AzukiがF1参戦

NFTニュース

公開日 : 2022年11月22日 | [更新日]

暗号業界、特に中央集権金融(CeFi)部門は、FTXの大規模な市場詐欺の発覚を受けて、混乱に陥っています。倒産しFTXの元CEOであるSam Bankman-Friedは現在、110億ドルの損害賠償を求めて訴えられています。

コーチェラNFTのコレクションは、NFTマーケットプレイスで、引き出しや譲渡のオプションがない状態になっています。150万ドルの売り上げを記録したライフタイムパスは、現在カストディアル・プラットフォームで停止さ れ、使用できない状態になっています。

それでも、Web3企業はこの暗号の冬を乗り越え、着実に成長を続けています。そして、主にYuga Labs、Nike、Azukiなど、いくつかの成功者が現れました。

Yuga Labsは活発

Bored Ape Yacht Club(BAYC)の親会社は、Mike “Beeple” Winkelmann氏が共同設立したNFTベンチャー、WENEW Labsを買収したことを発表しました。この買収により、Yuga Labsファミリーに新たに加わったNFTコレクション10KTFは、”New Tokyo “の世界観を持つデジタル・ファッション・ショップです。

また、Beeple氏はプロジェクトのアドバイザーとしてYugaチームに参加し、前WENEW CEOのMichael Figge氏はYugaのチーフコンテンツオフィサーに就任しています。

10KTFは、BAYC、Mutant Ape Yacht Club (MAYC)、Bored Ape Kennel Club、Otherdeed for Otherside、CryptoPunks、Meebitsのコレクションに加わります。

10KTFショップは職人のWagmi-san運営しており、BAYCからMoonbirds、NounsといったイーサリアムNFTのトップコレクションからメタバース対応のアクセサリーやデジタルウェアラブルを扱っています。また、このショップでは、ルイ・ヴィトン、プレイボーイ、ウィンブルドン、グッチ、プーマなどのブランドとコラボレーションした特別な商品も販売しています。

YugaのメタバースであるOthersideは、”Welcome to the Otherside, Wagmi-san” とツイートし、10KTFとのコラボレーションの可能性を示唆しました。発表後、OpenSeaでは、BAYC、MAYC、Otherdeed for Otherside、CryptoPunksの4つのYuga Labs NFTが、出来高チャートで上位を占めています。

BAYCはOpenSeaで11月14日からの過去7日間、ETHの取引量が最も多かったが、今週はフロア価格が一時20%以上も下落しました。過去数週間、60ETH前後で推移していたフロアプライスは、2021年12月以来の安値となる48ETHまで下落しました。

これにより、CryptoPunksはBAYCのフロアプライスを逆転させました。現在の最安値のパンクは66.79ETH(79,537円)、最安値のBored Apeは62.05ETH(73,559円)で販売されています。CryptoPunksのフロアプライスは2022年初頭から市況に対して中立的な状態を保っており、FTXの余波にも影響を受けていないようです。

一方、Bored ApeのNFTは、P2P融資プラットフォーム「BenDAO」に買い手が殺到した影響を受けている可能性があります。これは、ユーザーがNFTのフロア価格の最大40%を借りることができ、ローンの返済が失敗した場合、NFTは48時間のオークションで売りに出されます。

BenDAOの買い付け意欲を懸念して、punk9059さんがツイートしたように「フロアを叩く」ことで、今週の1日の平均売買高を上回ったのかも知れません。

ナイキの新たなNFTの世界

Nikeはすでに人気のあるRTFKT NFTプロジェクトを所有しており、Polygon上に「.Swoosh」というNFTマーケットプレイスを立ち上げました。Nikeは、このマーケットプレイスを 「Nikeのバーチャルな作品を集め、それを形にすることができるインターネット上の特別な場所 」と表現しています。

ユーザーは、アバターを着飾るためのバーチャルなアパレル、スニーカー、アクセサリー、その他のグッズを交換したり、現実の商品やイベントへのアクセスの制限を解除したりすることができます。実際の商品を予約したり、シューズのデザイナーやナイキがスポンサーを務めるアスリートとチャットしたりと、さまざまな特典を受けられます。

最初のコレクションは新年近くにドロップされ、今後のドロップにはコミュニティが参加できるようにするということです。ナイキと共同制作したバーチャルプロダクトからロイヤリティを得ることができるクリエイターチャレンジを開催する予定です。

ユーザーは、プラットフォームにアクセスするために必要な、Polygon上でミントされた無料のNFTとして、自分の「.Swoosh」 IDを作成することが可能になる予定です。これは、オープンなEthereum Name Service(ENS)のナイキ独自版のようなものです。

「.Swoosh 」IDの登録は11月18日に開始され、ユーザーが自分のIDを申請すると、BitGoウォレットが配布されます。

ナイキのWeb3計画には、教育的な側面も含まれています。同社は、テキサス州オースティンを皮切りに全米ツアーを行い、製品の仕組みに関するチュートリアルやワークショップを開催する予定です。

ナイキは、Cristiano Ronaldo、Lebron James、Michael Jordan、Serena Williamsなど、世界のトップアスリートやセレブリティと提携しています。これは、RedditのNFT市場が、その分かりやすい説明により、わずか数ヶ月で300万人近くの非ネイティブユーザーを取り込んだのと同様に、彼らのうちの1人から「.Swoosh」を取り込むことができれば、何百万人もの新しいユーザーをこのプラットフォームに導くことができるでしょう。

ナイキはまた、ビデオゲームや没入型体験の可能性を示唆し、近々発表する可能性があるということです。ナイキは6月、NFTの「video game integration」を米国特許商標庁に商標申請しています。

AzukiがF1参戦へ

F1シーズンファイナルが今週末にアブダビで開催されますが、Azukiホルダーやファンは大きなサプライズに遭遇するかもしれません。

Oracle Red Bull RacingとそのメインクリプトスポンサーであるBybit、そしてAzukiの生みの親であるChiru Labsは、Lei the Lightning Azuki #8494をレースカーのサイドに飾りました。

レーサーのMax VerstappenとSergio Perezは、グランプリ期間中にNFTをあしらったマシンに乗り込みます。レッドブル・レーシングとフェルスタッペンは、今年のF1シーズンを席巻しました。

オラクル・レッドブル・レーシングのCEOであるクリスチャン・ホーナー氏は「F1マシンに初めてブルーチップNFTを搭載したことは、とてつもない偉業だ 」と述べています。

F1ファンは、先着順でTezosでミントされるLei the Lightning Azuki #8494の限定バージョンを無料で入手できるチャンスがあるかもしれません。

Azukiの創業者であるザガボンド氏は、「Lei the Lightning Azukiは、情熱、精密さ、生の力を反映している」と語り、F1はLeiの物語の一部となったことをアピールしています。

スポンサーとしてのTezosとともに、暗号通貨取引所Bybitは、2022年2月からOracle Red Bull Racingの主要チームパートナーとなっています。F1業界は、以前から暗号通貨分野を大きく推進してきました。

同じくF1チームのメルセデスAMGペトロナスは、倒産騒動を受けて2021年9月から結んでいたFTXとのスポンサー契約の終了を決定しました。

Web3ゲームアワード

Polkastarter Gamingが主催する新しいWeb3ゲームアワードのイベントが来月開催され、今年を締めくくることになりました。その名も「Gam3 Awards」は、2022年の最高のWeb3ベースのゲームを表彰することを目的としています。

 

Cryptoゲームコミュニティとともに30人の審査員が、16の異なるカテゴリーにノミネートされた100以上のゲームを審査し、ベストゲームを投票で決定します。

その中には、ゲーム・オブ・ザ・イヤー、ベスト・グラフィックス、ベスト・モバイルゲーム、ベスト・シューティングゲーム、ベスト・マルチプレイヤー・ゲームなどの部門があります。また、ビデオゲームは長い時間をかけて作られるため、その成功には期待感を持たせることが重要であることから、最注目ゲームという部門も設けられています。

このイベントは、Polkastarter GamingのTwitch、YouTube、Twitterの各チャンネルで放送される予定です。第1回GAM3 Awardsの受賞者は、Immutable X、Blockchain Game Alliance、Machinations、Naavik、Ultraなどのスポンサーから30万ドル相当の賞品を獲得できます。

参照:Web3 Watch: Yuga Labs Adds to Portfolio, Nike Creates NFT Marketplace

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。