NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

ファレル・ウィリアムスのNFTプラットフォームでトラブルが発生

NFTニュース

公開日 : 2022年11月21日 | [更新日]

ミュージシャンのファレル・ウィリアムスが今年初めに共同設立したGallery of Digital Assets(GODA)は、従来のアーティストがNFTに参入するためのプラットフォームを提供し、Nina Chanel AbneyやTodd Jamesの作品を配信しています。

しかし、最新のNFTプロジェクトの立ち上げにより、故アーティストの子孫の一部から苦情が寄せられ、論争に発展しています。

GODAは月曜日、スウェーデンの著名な抽象画家ヒルマ・アフ・クリントの作品をデジタルで再現し、NFT化したオークションを開始しました。

NFT作品「Paintings for the Temple」は、GODAがStolpe Publishing、デジタルアートプラットフォームAcute Art、The Hilma af Klint Foundationと共同で作成したものです。

最終的に、ヒルマ・アフ・クリントのアートワークを再現した193のNFT作品が2つ制作され、そのうちの1セットは財団に寄贈されました。

もう一方のセットからは、163個のNFTが今週オークションに出され、さらに30個がGODAチームによって保管されたのです。

しかし、ヒルマ・アフ・クリントの公式財団がGODAオークションに乗り出す一方で、故ヒルマ・アフ・クリントの家族はNFTの立ち上げに反対を表明しています。

今週、美術専門誌Hyperallergicのインタビューに応じたヨハン・アフ・クリントとヘドヴィグ・エルスマンは、NFTの創設が作家の意思に反していると主張し、異論を唱えています。

エルスマンは今月初め、NFTの売却を批判する次のようなツイートをしました。

「彼女(ヒルマ・アフ・クリント)はこれらの絵画をひとつのプロジェクトの一部と考えていたため、作品は一緒に保管されるべきものでした。今NFTを用いて、彼らはそれを商業化し、ヒルマ・アフ・クリントの名前と評判を利用して彼女のメッセージを破壊しているのです」

GODAのオークションは昨日予定通り終了し、最終的に163点がそれぞれ1.5ETH、または1点あたり1,800ドル強で落札されました。

有名なアーティストの遺族が、NFTに不満を漏らしたのは今回が初めてではありません。

今年初め、パブロ・ピカソの親族は曾孫であるフロリアン・ピカソがパブロの作品にインスパイアされたNFTをリリースした際に苦情を申し立てました。

出典:Decrypt”Pharrell’s GODA Completes Hilma af Klint NFT Art Auction Amid Family Complaints

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。