NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

ドメインネームサービスENSの登録者数が200万人を超える

NFTニュース

公開日 : 2022年08月19日 | [更新日]

ENS(イーサリアム・ネーム・サービス)とは、イーサリアムを基盤とした暗号資産の複雑なアドレスを簡易化するサービスです。

7月には、EMSのドメインが急騰し、月間で最大の収益上昇を記録しました。

総登録数はなんと200万件を超えています。

EMSで作成するドメイン名はNFTトークンでもあり、OpenSeaを含むNFTマーケットプレイスで販売することが可能です。

2022年の2月から5月までは登録者数が右肩上がりで伸びましたが、6月には暗号資産市場の混乱により、登録者はやや減少しました。

しかし、7月に入り投資家の市場心理が回復してくると、状況は一変します。

7月のENS登録件数は378,804件に達しています。

また、収益の面でも活発な動きが見られ、7月の収益は680万ドルを超えました。

登録者数が急増した要因の一つに、イーサリアムの取引時に発生するガス代が下がったことが挙げられます。

著名人がソーシャルメディア上で、アカウント名に「.eth拡張子」を付けていることからも、普及がうかがえます。

主な著名人のリストには、イーサリアムの共同創設者やRedditの共同創設者、ShopifyのCEO 、パリス・ヒルトン、スヌープ・ドッグ、伝説の俳優アンソニー・ホプキンスが含まれます。

参考:beat.10ztalk”Ethereum Name Service (ENS) Domains Exceed 2 Million After Record-Breaking July

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。