NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

イギリス政府が独自NFTトークンを作成する計画を発表

NFTニュース

公開日 : 2022年04月05日 | [更新日]

イギリス政府は月曜日、暗号通貨分野における「世界のリーダー」になるための取り組みの一環として、独自のNFTトークンを作成する計画を発表しました。

ジョン・グレン議員は、リシ・スナック財務相がイギリスで硬貨の鋳造をする王立造幣局に、夏までにNFTを作成・発行するよう依頼したと述べました。

グレン氏によると、この構想は暗号資産分野でリードするための政府による広範な取り組みの一部です。

また、デジタル資産をより規制の厳しい監視下に置くための計画も発表しています。

大手ニュースメディアのCNBCは以前、暗号資産とステーブルコインの規制枠組みを発表するイギリス政府の計画について報じました。

ステーブルコインは、米ドルや円のような法定通貨から価値を得る暗号資産です。

暗号資産の世界では急成長している一方、論争の的にもなっています。

例えば、世界最大のステーブルコインであるテザーは、800億ドル以上の流通量を誇っているものの、このトークンを支える準備金の透明性の欠如をめぐって批判を浴びています。

グレン氏は、政府は暗号分野の他の側面にも目を向けており、いわゆるWeb3も含めて選択肢の可能性を広げていると述べました。

参考:CNBC”Britain announces plans to mint its own NFT as it looks to ‘lead the way’ in crypto

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。