NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

ウクライナ政府への暗号資産での寄付金額が1億800万ドルを突破

NFTニュース

公開日 : 2022年03月11日 | [更新日]

ウクライナ政府のウォレットアドレスや慈善団体などへの暗号資産での寄付金額が1億800万ドルを突破したことが判明しました。

暗号資産の取引所Kraken(クラーケン)は、3月9日までにウクライナで口座を開設した顧客に対し、救援活動のために1000万ドル以上を寄付すると発表しました。

ウクライナに住むKrakenの顧客は、1000ドル相当のビットコインを受け取り、手数料なしで即座に引き出すことができます。

KrakenのCEOであるJesse Powell氏は、次のように述べています。

「世界中の多くの人が従来の銀行に頼れなくなったときでも、暗号資産は重要なツールであり続けます」

また、ウクライナ・デジタル変革省のAlex Bornyakov大臣によると、ウクライナは暗号資産の寄付で1億ドル近く受け取っているそうです。

Bornyakov大臣によると、1億ドルのうち6000万ドル以上がウクライナの暗号取引所Kunaが管理する一次基金で集まりました。

大臣は、ウクライナはテクノロジーを活用して自由のために戦っていることを強調しました。

水曜日には、人気のNFTコレクション「Bored Ape Yacht Club(BAYC)」がウクライナのための暗号資金調達活動に参加しました。

BAYCのクリエイターたちは、BAYCコインを搭載したウォレットから約100万ドルのイーサリアムを集めた後、その寄付金と同額の100万イーサリアムを寄付すると発表しました。

寄付された暗号資産は重要物資の購入のために使われており、暗号資産やNFTコミュニティが大きな貢献を果たしていると分かります。

参考:BitCoinist”Ukraine Has Received $108 Million In Crypto Donations Following Kraken And BAYC Donations

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。