NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

MetaMask(メタマスク)の入金手順!送金、復元手順も紹介

MetaMask

公開日 : 2021年07月28日 | [更新日]

MetaMask(メタマスク)とはGoogle ChromeやFirefox、Brave、Edgeで拡張機能として使えるWebウォレットです(2021年7月時点)。仮想通貨の取り引きを行ったりブロックチェーンゲームを遊んだりする際、ウォレットは必須です。

この記事では、MetaMask(メタマスク)の入金手順・送金手順、さらにトラブルなどが起きた場合のMetaMask(メタマスク)の復元方法などを詳しく解説します。

MetaMask(メタマスク)の入金とは

MetaMask(メタマスク)は、仮想通貨の保管・送金・入金することのできるWeb上のウォレットです。仮想通貨の取引やブロックチェーンゲームをするためにはWebウォレットは必須になります。

Webウォレットは、特定のサイトにログインして自分専用の口座を作る形が主流ですが、MetaMask(メタマスク)は各種ブラウザの拡張機能として利用できることが特徴です。

MetaMask(メタマスク)は、パソコンで使用する際、アドレスを手打ちせずともイーサリアムのアドレスをクリップコピーできます。スマートフォンからは、入金先二次元バーコードを読むことが可能です。

簡単に入金が可能です。

また、DApps(分散型アプリケーション)・ブロックチェーンゲームなどと連携ができます。

このほか、MetaMask(メタマスク)は送金時にかかる手数料を自分で選ぶことができます。手数料を上げることでスムーズに送金することができるため、急いで入金が必要な場合に重宝します。

MetaMask(メタマスク)の入金手順【取引所別】

MetaMask(メタマスク)の入金手順【取引所別】

ここでは、各取引所からMetaMask(メタマスク)へ入金する方法を紹介します。

bitFlyer(ビットフライヤー)からの入金方法

bitFlyer(ビットフライヤー)は株式会社bitFlyerが運営する、日本で知名度が高い仮想通貨取引所です。パソコンでbitFlyerからMetaMask(メタマスク)へ入金するには、以下の手順で行います。

1.MetaMask(メタマスク)で宛先のアドレスを確認

2.アドレスを確認したら「Copy Address to clipboard」をクリックしアドレスをコピー

3.bitFlyer(ビットフライヤー)にログインし、「入出金」「ETHご送付」の順で選択

4.「イーサリアムアドレス」をにコピーしたアドレスを貼りつける

5.二段階認証後、入金が可能になるので希望の金額を記入

6.イーサリアムを外部アドレスに送付するをクリックすれば入金完了

 

Coincheck(コインチェック)からの入金方法

Coincheck(コインチェック)からの入金方法も大きくはbitFlyer(ビットフライヤー)と同じです。

まずは、MetaMask(メタマスク)で宛先のアドレスを確認し、「Copy Address to clipboard」をクリックしアドレスをコピーします。

上記作業後、以下の手順で入金を行います。

1.Coincheck(コインチェック)にログインし、ウォレットをクリック

2.送金先リストの編集を行い、宛先にコピーしたMetaMask(メタマスク)のアドレスを貼りつけ、宛先を追加する

3.送金したい金額を入れ送金をクリック、2段階認証をしたら完了です。

なお、Coincheck(コインチェック)は現在、Coincheck NFT(β版)という暗号資産とNFTを用いたゲーム内アイテムを売買するサイトが立ち上がっています。Coincheck NFT(β版)はMetaMask(メタマスク)と連係が可能です。

 

BINANCE(バイナンス)からの入金方法

BINANCE(バイナンス)からの入金方法は、MetaMask(メタマスク)で宛先のアドレスを確認し、「Copy Address to clipboard」をクリックしアドレスをコピーします。

以下に、BINANCE(バイナンス)の手順を解説します。

1.BINANCE(バイナンス)のサイトを開き、ウォレットから出金を選択

2.出金したい仮想通貨を選択

3.アドレスを張りつけ、選択したネットワークが送金先のプラットフォームのネットワークと同じであることを確認

4.出金を選択

なお、BINANCE(バイナンス)は送金先の情報やネットワークを間違えて資産を失った場合、復元はできません。注意しましょう。

MetaMask(メタマスク)の入金に関するQ&A

MetaMask(メタマスク)の入金に関するQ&A

ここでは、MetaMask(メタマスク)の入金に関する代表的な疑問と回答を紹介します。

Q.MetaMask(メタマスク)へ入金されないのはなぜ?

入金依頼中の仮想通貨が今どのような状態を確認してください。

そのためにはコントラクトアドレスを取得します。

コントラクトアドレスはイーサリアムにおける「契約のためのアドレス」であり、「お金を送るウォレットのアドレス」ではありません。「コントラクトアドレス・調べる」で検索すると、いくつものサイトがヒットします。

調べたコントラクトアドレスを、MetaMask(メタマスク)の「トークンの追加」という項目から検索してください。これで入金が反映されます。処理が正しかったのに反映されない場合はまだ入金処理の中の可能性があります。

Q.MetaMask(メタマスク)はクレジットカードで入金できる?

2021年7月現在、クレジットカードでの入金はできません。入金をする場合は、仮想通貨を手に入れる必要があるため、必ず取引所をとおしてください。

Q.MetaMask(メタマスク)の入金時間はどのくらい?

MetaMask(メタマスク)への入金時間はトークンによって異なりますが、10分~20分程度です。

ネットワーク状況やにも関係するためあくまで目安程度に考えてください。

入金着歴でチェックしてみてください。

MetaMask(メタマスク)からの送金手順

MetaMask(メタマスク)からの送金手順

MetaMask(メタマスク)から外部へ送金するには、以下の手順で行います。

1.「SEND」ボタンをクリック

2.「Recipien Address」に送金したい先のアドレスを貼りつける

3.「Ammount」に、送りたいトークンの額を入れる

ここまで入力すると、「Gas Limit」や「Gas Price」といった入力フォームが出てきます。これは手数料のことです。

MetaMask(メタマスク)は送金手数料を自由に決められ、手数料を高く設定するほど送金処理が早くなります。設定しない場合入力しなくてもかまいません。

最後に「SUBMIT」を押すことで送金完了です。

MetaMask(メタマスク)の復元手順

MetaMask(メタマスク)の復元手順

​​MetaMask(メタマスク)は、基本的に1台のパソコンに1つのアドレスで使います。しかし、パソコンを買い替えたりうっかり削除してしまったりすることもあるでしょう。

その場合は、MetaMask(メタマスク)を再インストールして、再ログインをしましょう。

再ログインの際には、初回アカウント登録時に記載されていた「シークレットリカバリーフレーズ」が必要になります。シークレットリカバリーフレーズとは、MetaMask(メタマスク)を登録する際に設定した12個の英単語です。この英単語を忘れると復元できませんので注意しましょう。

シークレットリカバリーフレーズを入力できたら、新しいパスワードを入力して復元完了です。

詳しい内容は「​​MetaMask(メタマスク)の復元方法!4ステップで解説 」にて紹介しています。

まとめ:MetaMask(メタマスク)の入金手順を把握しましょう

MetaMask(メタマスク)はWebウォレットの中でも便利で使いやすいものです。各種ブラウザの拡張機能を使えば、いろいろなサイトと連係します。仮想通貨取引を行っている方だけでなく、NFTをする際も便利です。入金手順、出金手順を確認し快適な取引を体験しましょう。

ほかにも「NFT-Now」ではNFTに関する情報をどこよりも幅広く発信しています。ぜひ他の記事もご覧ください。

WRITER

NFT Now編集部です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしていきます!

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。