NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

Epic Games社がNFTゲームの販売に前向きだと明かす

NFTニュース

公開日 : 2021年10月19日 | [更新日]

ビデオゲーム「フォートナイト」の開発企業で知られるEpic Gamesは、自社ストアでブロックチェーンやNFTを使用したビデオゲームの販売に前向きです。

これは、ビデオゲーム開発企業Valve社が更新したガイドラインに関する報道を受けての発表です。

ガイドラインには、「ブロックチェーン技術に基づいて構築されたアプリケーションで、暗号通貨やNFTの発行および交換を許可するものを開発者が公開するのを禁じる」と記載されました。

Epic GamesのCEOであるTim Sweeney氏は、次のようにツイートしています。

「Epic Gamesは、関連する法律に従い、規約を開示し、適切なグループによって年齢評価されたものであれば 、ブロックチェーン技術を使用したゲームを歓迎します。Epic Gamesは自社開発ゲームにブロックチェーン技術を活用していませんが、技術や金融の分野におけるイノベーションを歓迎します」

ゲームの開発者は、金融法を遵守するだけでなく、消費者にブロックチェーンがどのように使用されているかを説明する必要があります。

また、Epic Gamesの決済サービスを利用しての暗号通貨の取引は不可能であり、独自のシステムを使用しなければいけません。

「そもそもNFTとは?」とNFTについて詳しく知りたい方は「NFTとは?わかりやすく仕組みや特徴、作成・購入・販売方法を解説」で解説をしております。ご覧ください。

参考:GamesIndustry.biz”Epic welcomes blockchain and NFT games as Steam bans them

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。