NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

世界最大のオンラインアートギャラリーがNFT盗作を防止するためにOpensea社と提携

NFTニュース

公開日 : 2021年08月22日 | [更新日]

世界最大のオンラインアートギャラリーであるDeviantartは、NFTマーケットプレイスのOpenseaと協力して、著作権侵害の可能性あるNFTを検知することを明らかにしました。

この発表の背景には、DeviantArtに出展されているアートが、無許可でトークン化され、NFT市場で販売されていることが挙げられます。

Deviantartによると、アーティストにはNFT市場に出品されているNFTアートを特定、および警告を発する機能が提供されます。

著作権侵害可能性のあるNFTの検知方法

Deviantartは、2000年8月7日に立ち上げられた人気のオンラインアートギャラリーです。2021年現在、Deviantartには約6,500万人のアーティストが登録しており、約5億点のデジタルアート作品がサイト上に展示されています。

Deviantartが発足して以来、同社は著作権侵害の可能性あるアート作品の投稿を削除することに取り組んできました。そして今回、Deviantartは世界最大規模のNFTマーケットプレイスOpenseaと協力して、NFT作品を監視することを決めました。

DeviantArtはブログ記事で、AIがパブリック・ブロックチェーンとサードパーティ・マーケットプレイスを巡回し、著作権侵害の可能性があるNFTを検知するため、アーティストは創作に集中できると述べています。

また、自動化された画像検出技術では特定に失敗してしまうため、最終的な判断は人間が実施するそうです。著作権侵害の可能性が高い画像が検出された場合、アーティストにはサイト上で通知されます。

「人間の目には、機械よりも優れた識別能力があります。芸術作品は似ていても、同じとは限りません。

また、アーティストが自分の作品を他のアーティストに使わせたり、アレンジを加えた作品を作ったりすることもあるでしょう」と同社のマーケティング部長は述べます。

ベータテスト開始から2ヶ月間で、このツールは86%の確率で侵害の可能性を特定できています。

オンライン上の盗作問題とブロックチェーン技術

最近の報道によると、アリババのNFTマーケットプレイスでは、NFT作品の制作者が同マーケットのブロックチェーンIPサービスを介して、作品を著作権保護できるようにしました。

また、マイクロソフトは海賊版オンラインコンテンツに対抗するため、イーサリアムベースのツールを活用したシステムの提案をしました。

参照:Bitcoin.com”World’s Largest Online Art Gallery Deviantart Collaborates With Opensea to Detect Potential NFT Infringement

WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしていきます!

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。