NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

ウォルマートが独自NFTと暗号資産の設立を検討していると判明

NFTニュース

公開日 : 2022年01月18日 | [更新日]

世界最大のスーパーマーケットチェーン店「ウォルマート」が、独自のNFTと暗号資産の設立を検討していることがわかりました。

昨年の12月30日、ウォルマートは複数の商標を申請し、電子機器や玩具、家電、スポーツ用品、アパレル、ホームデコレーションなどのバーチャルグッズの販売を開始することが示唆されています。

また、顧客にデジタル通貨を提供し、NFTを売買する機会の提供もするようです。

大手メディア「ブルームバーグ」によると、ウォルマートは「Verse to Home」・「Verse to Curb」・「Verse to Store」という名称の商標も申請しており、それはウォルマートが仮想ショッピング体験を準備している可能性を示唆しています。

ウォルマートの広報担当者Carrie McKnight氏は、次のように述べています。

「ウォルマートは、新たなテクノロジーが将来のショッピング体験をどのように形成するかを継続的に調査しています。現在のところ、多くの情報を共有できませんが、私たちはイノベーションプロセスの一環として日常的に商標を申請しています」

昨年8月、ウォルマートは、暗号通貨商品専門家の求人情報を掲載し、メタバースへの高い関心を見せました。

他の小売業者もメタバースに参加しており、ナイキはNFTと仮想スニーカーを発表し、アディダスはInto the Metaverse NFTコレクションを完売させ、GAPはNFTパーカーを販売しています。

参考:The Verge”Walmart is getting serious about the metaverse

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT Now編集担当者です。誰でも簡単にNFTが売れる・買えるようにするために、どこよりもわかりやすい情報発信をしています。 大手仮想通貨メディアで執筆を担当しており、暗号資産について知見があります。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。