NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

NFT市場は2027年までに35%成長、136億ドルの産業になる見込み

NFTニュース

公開日 : 2022年05月09日 | [更新日]

今日の投資家の間でNFT分野への関心が高まっていることを反映し、最新の調査では、現在30億ドルの市場規模が2027年末までに136億ドルに達すると予測されています。

今後5年間、デジタルアート作品への需要の高まりが引き続き予想されます。世界的なNFTブームに伴うトレンドとして、メインストリームのインフルエンサーやゲームコミュニティーの関与が高まると思われるためです。

興味深いことに、調査会社MarketsandMarketsは、サプライチェーン・マネジメント、小売、ファッションなどにおける使用事例の増加など、NFT市場の爆発的成長に起因する他のいくつかの要因を想定しています。

NFT市場の成長をさらに加速させるその他の要因として、ソーシャルメディア大手のMetaなど既存の市場リーダーによるメタバース構想やNFTのパーソナライゼーションが挙げられます。

2021年11月、コインテレグラフは、アジア太平洋地域(APAC)で現地のNFT関連のグーグル検索が急増し、投資家の関心が高まっていることを報じました。

MarketsandMarketsも、この傾向を以下のように引用しています。

「APAC諸国は、エコシステムにおいてクリエイターとバイヤーに等しい機会を与えるために、与えられた市場において絶え間ない開発とマーケットプレイスの立ち上げに向けて台頭しています」

香港、シンガポール、中国などの国々でNFT検索が増加した主な要因の1つは、暗号取引やマイニングに対して、それらの国は規制の受け入れが不十分であるためです。

NFTマーケットプレイス(NFTを売買できるプラットフォーム)は、現在、NFTエコシステムの成長に最も貢献すると期待されています。OpenSeaのような既存のプレイヤーがこの分野をリードしていますが、CoinbaseやBinanceのような暗号取引所もオープン市場でNFTを交換するための同様のサービスを提供し始めています。

イーロン・マスク氏、TwitterアイコンをBAYCのコラージュへ変更

Dogecoin(DOGE)の支持者として積極的に活動しているテスラCEOのイーロン・マスク氏は最近、自身のTwitterのプロフィール画像をBored Apes Yacht Club(BAYC)が公開した複数の人気NFTのコラージュに変更しました。

コインテレグラフが報じたように、マスク氏の表示画像が一時的に変更されたことで、BAYCのフロア価格が10イーサ(ETH)急騰しました。

しかし、一部のコミュニティがこの動きをマスクのNFT分野への参入による影響と見なしたので、マスクはツイートで自身のスタンスを明らかにしました。

「理解できない、ファンジブル(代替可能)じゃないか」

参考:NFT market well-positioned to grow 35% into a $13.6B industry by 2027

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT案件を中心に執筆しているWebライターです。 新しいものが大好きで、NFTは現在3点所有しています。 NFTゲームBombCryptoで15体のHEROを運用中。 読者の皆様がわかりやすいと思えるような情報発信を心がけています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。