NFT Now|
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

アドビが支援するBehance、Solana NFT向け機能を統合

NFTニュース

公開日 : 2022年03月21日 | [更新日]

Solana NFT機能は、BehanceのデザイナーやクリエイターでPhantomウォレットを持っている人がアクセスでき、QuickNodeによってホストされています。

2022年3月14日月曜日、AdobeのクリエイティブソーシャルネットワークサービスのプラットフォームであるBehanceは、ユーザーが自分のデザインから収入を得るのを支援する新しい機能を統合すると発表しました。この技術革新により、ユーザーはBehanceのアカウントをPhantomウォレットに接続し、アカウントのプロフィールにSOL NFTを表示できるようになります。

Phantomウォレットは、DeFi(分散型金融)アプリやNFTのために設計されたSolanaベースの代表的なウォレットの一つです。QuickNodeはマイアミにあるWeb3インフラプラットフォームで、Solanaブロックチェーン上でAdobeと連携するこの機能の開発・設計を支援しました。

Behanceのデザイナーやクリエイターは、このニーズ機能を使って、イーサリアムのブロックチェーン上で作成したNFTを自身のプロフィール上で積極的に紹介できます。アドビの副社長でBehanceを管理するウィリアム・アレン氏は、今回のイノベーションについて次のようにコメントしています。

私たちのBehanceの使命は、クリエイターが自分らしくキャリアを築けるよう支援することです。フリーランスを選ぶ人、フルタイムの仕事を望む人、定期購読を提供する人、テンプレートを販売する人、ライブ配信をする人、NFTを販売する人など、さまざまな人がいます。

しかし、アレン氏は、ユーザーの多くは、イーサリアムのガス代が非常に高く、消費電力も大きいため、Behanceに関わりたくないと思っている可能性があるとTwitterで強調しました。

同氏は、デジタルクリエイターが快適にファントムウォレットを接続し、BehanceのプロフィールにSOL NFTSを表示できるようになったのを注視していました。

アレン氏はツイートの中で、SolanaブロックチェーンはPoS(Proof-of-Stake)ブロックチェーンであるため、イーサリアムのブロックチェーンから生じるガス代の高さやエネルギー消費量などの問題点を解決していると説明しました。一方でSolanaは、トランザクションごとの消費電力が限りなく小さく、非常にリーズナブルなので、最高仕様で非常にコストパフォーマンスが高いとも述べています。

ファントムウォレットがコラボレーションについてコメント

Phantomのクリエイティブチームは、このコラボレーションにツイートで反応しました。同プラットフォームは、アーティストがNFTを使ったテストを低コストでエコに行える手段を利用できるようになるため、今回のコラボレーションはソラナのクリエイターエコノミーにとって非常に影響力が大きいと述べています。

昨年10月、Behanceは、同社のアーティストがPhantomウォレットとNFTをBehanceのプロフィールに接続できるようにする最初のテストを行いました。その後、AdobeはOpenSea、Rarible、KnownOrigin、さらにはSuperRareのNFTマーケットプレイスと提携しています。これは同社のCAI(Content Authenticity Initiative)の一環で、出所のデータを示すことでデジタルクリエイターやデザイナーを擁護するものでした。

ウィリアム・アレンもTwitterで、NFTのアート作品が盗まれないように、Photoshopにあるコンテンツ認証ツールにSolana Addressを搭載し、正しく認証がされることを保証すると力説しています。

QuickNode、AdobeにSolanaへのアクセス権を貸与

Web3大手のQuickNodeは先日、AdobeがSolanaのメインネットへのアクセスを、そのノードの開発・管理とは対照的にレンタルすることを可能にしました。QuickNodeの公式サイトを見ると、同社はSolanaノードのリーディングプロバイダーであることがわかります。QuickNodeは、Solanaネットワーク全体の50%以上を支えています。

参考:Adobe Backed Behance Integrates Feature For Solana NFTs

Follow Us

NFT関連の記事や最新のニュースを毎日配信しています。


WRITER

NFT案件を中心に執筆しているWebライターです。 新しいものが大好きで、NFTは現在3点所有しています。 NFTゲームBombCryptoで15体のHEROを運用中。 読者の皆様がわかりやすいと思えるような情報発信を心がけています。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。