NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

NFTとは?初心者向けにNFTの歴史、市場、始め方の紹介

最近よく耳にするNFTとはなんだろうと気になったことはありませんか。
有名なビットコインやイーサリアムは保有しているが、NFTの知識がなく、NFTはどんなことができるのか分からないと感じているのではないでしょうか。
本記事では、NFTとはからNFTの作成・販売方法、おすすめのNFTのマーケットプレイスを紹介します。
本記事を最後まで読んで頂くことで、NFT初心者から脱却できます。

NFTとは?

NFTとは?

NFTとは、Non-Fungible Tokenの略語で日本語では非代替性トークンと訳されます。

ブロックチェーン上で発行・流通するデジタルデータの一種です。

Non Fungibleな一例として、新幹線の指定席が挙げられます。

新幹線の指定席には指定席の一つ一つに座席の乗車日付、座席場所、購入者の名前等の情報が記載されています。

そのため、佐藤さんが持っている指定席は田中さんが持っている指定席とは異なり、交換すると乗車日付や座席場所が変わってしまいます。

上記のような特徴を持つ指定席は同等の物として交換するができないため、「代替不可能」つまり、Non-Fungibleなもの言われています。

NFT(非代替性トークン)は、「所有権を唯一無二だと表すために使うことのできるトークン」です。

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産の違い

NFTと暗号資産との大きな違いは、NFTで発行されるものは1つ1つが「唯一無二」なものであり、全くの「別物」である点です。

暗号資産はブロックチェーンに存在するデジタル資産で、ブロックチェーンは公共性のある台帳で管理されているため、誰でも資産の真正性や所有権を証明することができます。

NFTはブロックチェーンの技術を通貨だけではなく、コンテンツやデジタルアイテム全般に適用しました。

つまり、NFTは以下2点の特性を担っています。

専門的な観点よりお伝えすると、NFT(Non-Fungible Token:非代替性トークン)に対して、暗号資産はFT(Fungible-Token:代替性トークン)と分けられています。

NFTの3つの特徴

NFTの3つの特徴

NFTの特徴として以下3点が挙げられます。

一つずつの知識を深めてNFTの特徴を抑えましょう。

所有権

NFT技術が出てくる以前のデジタルデータ(数字の羅列によって表現できるデータ)はサーバーを保有している企業が所有権を管理しておりました。

そのため、所有権の確認を行う際はサービス提供側(サーバー管理の企業)に裏どりを行う必要がありました。

しかし、NFTはブロックチェーン上に明記されていることから、決まったベンダーを使用するのではなく、所有者自身がNFTを自由に移転することが可能です。

また、所有権を唯一の所有者に紐づきを行うため複製も偽造もできません。

取引市場

NFTは発行された段階で、ウォレットやNFTマーケットプレイス上で確認・利用することができるようになります。

NFTの仕様が共通規格(イーサリアム)によって定められていることにより可能となりました。

付加機能

NFTはデータ自体に多くの付加機能を持たせることが可能です。

付加機能の代表的な例が転々流通時の手数料があげられます。

転々流通時の手数料とは、二次販売時の手数料を作成者であるアーティストにも入ってくる手数料のことです。

本来、アーティストが販売した作品を、購入者が第三者に転売した際にはアーティストには転売時の費用は手元に入ってきません。

しかし、NFTでは転売時の手数料などの転々流通時の手数料もアーティストにも還元することができます。

NFTが注目されている理由

NFTが注目されている理由

NFTが注目されている理由の一つに唯一性のある資産証明できる可能性があるためです。

今までのデジタル資産は、複製することが簡単にできてしまい、希少性という面で付加価値は付けづらい一面がありました。

しかし、NFTはブロックチェーン上で唯一の存在だと保証されている特長があります。

新型コロナウイルスの影響によるロックダウンので人々が自宅に籠る生活が続いており、オンラインで完結させることが数年前と比較しても増えております。

オンライン上で完結するためにデジタル資産の価値を証明する必要が出てきました。

ブロックチェーン技術を使うことで単一の資産として証明できます。

時代の流れもありNFTという唯一無二の存在を証明する技術が注目を集めています。

ただのバブル? クリエイターがNFTを活用する本当の理由

ただのバブル? クリエイターがNFTを活用する本当の理由

NFTは時代の一過性に乗った代物だと言われることがあります。

しかし、NFTの技術は一時的なブームではありません。

クリエイターがNFTを活用する理由は以下になります。

実物のアートの場合、作品の状態の劣化を防ぐために保管する環境を整えたり、盗難に遭わないようにするためにセキュリティーを入れる必要があります。

しかし、NFTは管理場所も入らず、劣化をしないため、ネットワークでの盗難に遭わないように注意することのみです。

また、ブロックチェーン技術により、唯一の存在と証明されているため偽物を販売されることがありません。

NFTの活用例

NFTの活用例

NFTは実際にすでに活用されています。

NFTの代表的な活用例は以下3点です。

どのように活用されているのか具体例もお伝えしています。

ぜひ、ご自身の生活にもNFTを取り入れてみましょう。

デジタルアート

デジタルアートとは、その名通りデジタル空間で作成された作品です。

最近は日本人のVRアーティストであるせきぐちあいみさんのVRアート作品が3月25日、NFTのマーケットプレイスであるOpenSeaで約1300万円の値を付け落札されたニュースがSNSで話題になっていました。

ツイッターの創業者であるジャック・ドーシー最高経営責任者自身の初投稿がNFTとしてオークションに出品され、高額な金額で取引されていました。

ブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲームとは、ブロックチェーンを利用したゲームのことです。

ブロックチェーンは分散型取引台帳と呼ばれる技術を使用しており、取引履歴等をユーザー同士で管理する仕組みとなっています。

ゲーム分野でNFTは、ゲーム内の土地やキャラクター、アイテム、カードといったゲーム内の所有権を表すために使われています。

DecentralandやCryptovoxels、Sandboxの土地やアイテムが、NFTマーケットプレイスOpenSeaで取引されています。

コレクション品(デジタルトレーディングカード)

スポーツ界でファンが選手やチームに関連するNFTを収集したり、取引を行っています。

世界中でで人気の高いNBA(米プロバスケットボール協会)が立ち上げた、ブロックチェーンを基盤とするプラットフォーム「トップショット」で、熱狂的なファンがゲームのハイライト映像を収集可能なNFTで購入できたり、トレーディングカードの購入もできます。

NFTの購入、販売ができるサービス一覧

NFTの購入、販売ができるサービス一覧

技術的な知識がなく手軽にNFTを発行できる機能があるNFTのマーケットプレイスの紹介です。

NFTの購入、販売のおすすめのマーケットプレイスは以下3点です。

NFTのマーケットプレイスごとの特徴を説明致します。

OpenSea

OpenSeaとは、2017年12月にCEOのDevin Finzer 氏とCTOのAllex Atallah 氏が米国に創業したスタートアップ企業です。

OpenSeaはEthereum上で発行されるNFTの売買を行うマーケットプレイスのパイオニア的存在を確立しております。

DappRadar(分散型アプリケーションの統計情報をまとめている)によると、NFTの売買が最大規模の取引額になっており、取引総額は日本円で約125億円を超えています。
参考:DappRadar

OpenSeaのウェブサイト自体も徐々に日本語化が進んでおり、日本人ユーザーにも取り掛かっている状況です。

Rarible(ラリプル)

Raribleは、アートを主体としたNFTマーケットプレイスです。

大きな特徴としてブロックチェーンゲームの取り扱いを行っていない点とガバナンストークンが実装されている点が挙げられます。

ガバナンストークンとは、運営方針を決めるための投票権に似たトークンです。

Raribleに実装されているガバナンストークンは、「RARI」と呼ばれるトークンで、RARIのディストリビューション方針等を決定することができます。

SuperRare

SuperRareはNFTアートマーケットプレイスで、数十億円の売上の実績があるプラットフォームです。

SuperRareの特徴として、プラットフォーム上のすべての作品が、シングルエディションかつ一点のみの販売です。

SuperRareが使用しているイーサリアムのメインネットにはスケーラビリティの問題があるため、主流になるための構造的問題が存在しています。

SuperRareの課題点として、使用しているイーサリアムのメインネットのスケーラビリティの問題があり、主流になるためには構造的問題を解決することが求められます。

NFTの始め方

NFTの始め方

NFTの始め方は非常にシンプルで以下3点より行えます。

早速あなた自身のNFTを作成して販売してみましょう。

アカウントを開設する

NFTを作成、販売するために、大きく分けて2つのアカウントが必要です。

1つ目が、手数料を支払うためのイーサリアムを管理するウォレットのアカウントです。

NFTのベースはイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で行うため、取引に使う手数料(ガス代)をETHで支払う必要があります。

代表的なウォレットは、MetaMask(メタマスク)です。

MetaMaskはブラウザの拡張機能として使用できるウォレットで、取引所・販売所で購入したETHを送金することで管理することができます。

ガス代を支払うために必須なため、必ず開設をしましょう。

2つ目が、NFTを作成・販売する NFTマーケットプレイスのアカウントです。

NFTマーケットプレイスとは、他ユーザーが販売している NFTを購入したり、自身で作成したNFTを販売することができるプラットフォームです。

代表的なNFTマーケットプレイスは以下3点です。

開設非常に簡単にできるため、早速アカウントの開設をおすすめします。

NFTを作成

開設したNFTマーケットプレイスでNFTを作成します。

画像や GIFの場合、暗号資産についての知識は必要はなく、独自のNFT作品を作ることは非常にシンプルです。

参考としてOpenSeaとメタマスクを例にお伝えします。

OpenSeaはイーサリアムNFTマーケットプレースでMetaMask(メタマスク)も「ERC-721」と呼ばれるNFTトークン規格に対応しているウォレットです。

そのため、OpenSeaとMetaMask(メタマスク)は相性が良く、2つのアカウントを保有することでNFTの作成が可能です。

NFTマーケットでNFTを売買する

NFTを作成できた場合は販売を行いましょう。
マーケットプレースでNFTを出品する際、ガス代と呼ばれる手数料が発生する場合があります。

具体例でお伝えしているNFTマーケットプレイスであるOpenSeaでは、NFT作品の出品時にガス代が必要です。

すべてのプラットフォームでガス代が必要ではありませんが、NFTを作成する場合にかかる必要経費として捉えておきましょう。

NFTの注意点

NFTの注意点

NFTを始めるにあたり注意することがあります。

以下2点を押さえることで不要なトラブルに巻き込まれることが減ります。

必ず注意点を確認して、NFTを始めましょう。

ガス代

イーサリアムチェーン上で、トランザクションを行う際に必要なネットワーク手数料です。

ソフトウェア開発者のケビン・ジークマン氏が、ガス代を以下のように定義しております。

”ガス代は、イーサリアムブロックチェーン上で特定の操作を実行するために必要な演算量を測る単位。(中略)ガス代の単位はGweiで、1Gweiは0.000000001イーサリアム(10⁻⁹イーサリアム)”
参考:ethereum.foundation

以下の場合にガス代が発生します。

著作権

実際にデジタルアーティストが、NFTのマーケットプレイス上で自身の作品が勝手に販売されているのを見つけた例も確認されています。

ブロックチェーンの特徴でもある匿名性が高く、分散型のシステムであるが故に、著作権侵害を防ぐことは簡単ではないと指摘する声も挙げられています。

今後の可能性

今後の可能性

NFTのマーケットプレイスは始まったばかりで、マイクロソフト、Amazon、ZARAといった大手企業が存在していません。

NFTのマーケットプレイスの発展が今後の市場規模を左右すると考えられます。

現在のようなNFTクリエイターだけではなく、NFT市場においてビジネス展開も盛んになることでしょう。

仮想空間上の土地を活用して、土地を貸して地代を得たり、土地を売買してキャピタルゲインを得ることも可能です。

また、ブロックチェーンゲームのゲームキャラクターを育て、獲得したアイテムをNFTのマーケットプレイスで売却することで収益を得る機会も増えています。

まとめ:NFTの活用場面は増えていくでしょう

NFTとは、非代替性トークンと訳されブロックチェーン上で発行・流通するデジタルデータです。

NFTには以下の3つの特徴があります。

NFTが注目されている理由に唯一性のある資産証明できる可能性があるためです。

ブロックチェーン技術を使うことで単一の資産として証明できます。

NFTの活用例として以下3点が挙げられます。

代表的なNFTマーケットプレイスは以下3点です。

NFTの始め方は非常にシンプルで以下3点より行えます。

ますます、NFT市場は拡大することが予想されております。

いち早くNFTに触れNFTの可能性を感じてみましょう。

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。