NFTの購入・販売・作り方、おすすめマーケットプレイスがわかる
国内最大級のNFTメディア

国内最大級のNFTメディア|NFT Now 国内最大級のNFTメディア

誰でもわかるNFTの買い方|はじめてのNFTマーケットプレイスのおすすめ5選

「NFTを購入したいがどこで購入したら良いのだろうか」
「初心者におすすめのNFTマーケットプレイスプレイスはどこだろうか」

そんなお悩みをお持ちではありませんか?

本記事では、初心者におすすめのNTFマーケットプレイス5選を紹介します。

本記事を最後まで読んで頂くことで、NFTを購入することができるマーケットプレイスが分かります。

NFTマーケットプレイスの種類

まずは、NTFマーケットプレイスの種類から説明します。NTFはニュースでも取り上げられるほど大きなトレンドになっており、いま話題のテック系ワードです。

NTFマーケットプレイスプレイスは従来のマーケットプレイスプレイスとは少し違い、NTFはパブリックブロックチェーンといえます。パブリックブロックチェーンは、オープンで誰もが見られるデータベースのような場所であり、いままでになかった新しいスタイルのマーケットプレイスです。

NTFの主要マーケットプレイスは下記の5つがあります。

ひとつひとつのマーケットプレイスを詳しく説明します。

OpenSea(オープンシー)|初心者におすすめな業界最大手

OpenSea

OpenSeaはNTFのマーケットプレイスの中で一番有名で初心者におすすめです。数多くのNTFシリーズが揃っており、特定のものを検索して探すことができます。

OpenSeaでは簡単に出品することができ、アーティスト数や出品数は日本国内で最も多いでしょう。話題のアーティストの作品も数多く出品されており、大手のゲーム会社が出資していることでも有名です。

Rarible(ラリブル)|シングル・マルチのNTFを発行可能

Rarible

Raribleは大手のマーケットプレイスでロシア系の創業者が手がけています。Raribleにはインターフェースがあり、誰もが簡単にNTFを発行できるのが何よりも魅力です。

ウォレットを簡単に接続できるため、シングル・マルチなどのNTFを発行できます。

NTFの発行という点では、OpenSeaよりも優れており、発行することが非常に簡単です。

しかし、Raribleはネットワークが少し高額で、NTFを作成しているコードやスマートコントラクトが少し複雑になります。

SuperRare(スーパーレア)|厳重な審査のある老舗マーケットプレイス

SuperRare

SuperRareは出品前に審査が必要なマーケットプレイスで、厳重な審査を通ったものしか出品できません。SuperRareは数多くあるマーケットプレイスの中でも比較的古いほうで、NTFという言葉が広まる前からあります。

SuperRareは古くからあるため、数多くのものが出品されてきました。中でも最近では、火星の住居をイメージした設計図データが出品され、数週間だけで数十億円の売り上げがあったようです。
参考:NFT art marketplace SuperRare closes $9 million Series A

SuperRareは審査がある分、出品するのは簡単ではありませんが、質のよい作品が多いでしょう。

Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ)|利益を銀行口座に移動可能

Nifty Gateway

Nifty Gatewayは仮想通貨取引所の子会社が立ち上げました。クレジットカードを利用して法定通貨でNTFを購入・管理できるサービスです。

Nifty GatewayではNTFをUSドルに変換することができるため、利益などがある場合は銀行口座に残高を残すことができます。個人でECサイトに商品を販売するeBayと似ています。

Coincheck NFT(コインチェックエヌエフティー)|ゲームアイテムの売買が可能

Coincheck NFT

Coincheck NFTは国内初のNTFマーケットプレイスで、暗号資産とNTFを用いたゲームアイテムの売買ができます。これまで、日本国内にNTFのマーケットプレイスはありませんでした。

そのため、Coincheck NFTは日本初のマーケットプレイスとして注目されています。

Coincheck NFTの魅力は日本語対応であることで、ほかのマーケットプレイスは日本語が使えないことが多い分、日本人にとって非常に利便性が高いです。

また、仮想通貨取引所も運営しているCoincheckが母体のためNFTマーケットプレイスの信頼性も高いことが見受けられます。

どのマーケットプレイスがおすすめ?

のマーケットプレイスがおすすめ?

おすすめのNTFのマーケットプレイスは、自身の目的により変わります。

しかし、初心者の方が初めてNFTを購入する場合は以下2点が対応されているかで判断しましょう。

上記2点を踏まえた場合、初心者におすすめのNFTマーケットプレイスは「OpenSea」「Coincheck NFT」の2点です。

まずは、NFTの購入の流れを把握しましょう。

まとめ

NFTマーケットプレイスの種類は以下5つです。

NFTマーケットプレイスはプラットフォームごとに異なった特徴があり、目的に合わせて使い分けましょう。

初心者におすすめのNFTマーケットプレイスは、以下2点です。

購入したいアーティストが販売しているNFTマーケットプレイスを選びましょう。

まずは、NFTの買い方を知りたいという方は、初心者におすすめのNFTマーケットプレイスを選び、少額でNFT作品を購入することをおすすめします。

 

NFT Nowとは
NFTをゼロから学べる総合情報サイトの『NFT Now』 実際に購入・販売をした経験を発信することで、NFTマーケットプレイス選びの際に、自分にあったマーケットプレイスを選べます。また、NFT Now編集部では、NFTの作り方や、OpenSea/MetaMaskの使い方、NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報、国内・海外でのNFT市場の最新情報をどこよりも分かりやすく伝えております。

NFT Nowの特徴①NFTの購入・販売・作り方がゼロから学べる!
NFTを始めたい方に向けたコンテンツを用意しております。買いたいNFTや作ってみたいN FTアート、作成したNFT作品の販売方法など、初心者から経験者まで幅広い層に分かりやすく手順を記載してあるため、誰でもNFTを学ぶことができます。NFTとはの未経験者から、マーケットプレイス認定アーティストの方まで目的別にカテゴリーを分けてコンテンツを用意しています。ゼロからNFTを学び始めて販売までいってみましょう。

NFT Nowの特徴②目的にあったNFTマーケットプレイスが見つかる!
OpenSea(オープンシー),Rarible(ラリブル),Coincheck(コインチェック),SuperRare(スーパーレア),Nifty Gateway(ニフティゲートウェイ),Foundation,Axie Marketplace(アクシーマーケットプレイス),BakerySwap(ベーカリースワップ),NFT ShowRoom(NFTショールーム),VIV3,PlayAsset(プレイアセット),MakersPlace(メーカープレイス),Nanakusa(ナナクサ),Enjin MarketPlace(エンジンマーケットプレイス),nanakusa(ナナクサ)など、NFTマーケットプレイスを実際に使用した方の評判や使い方を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では初心者、経験者と幅広い方の意見を参考にしているため、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

NFT Nowの特徴③国内・海外でのNFT市場の最新情報が手に入る!
現在拡大中であるNFT市場の最新情報を丁寧かつ分かりやすくお届けしています。NFTのアート・ゲーム・音楽・トレカの情報からNFT関連銘柄までNFTに関する情報は「NFT Now」を見ることで網羅できます。お気に入り登録間違いなしの総合情報サイトです。